2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってまいりました、名フィル定期。

コンサートの詳細は以下の通り。

2011年1月22日(土)16:00開演

[会場]愛知県芸術劇場コンサートホール

[プログラム]
アイヴズ:『カントリー・バンド』行進曲
ガーシュウィン:ピアノ協奏曲へ調*
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 作品95, B.178『新世界より

[指揮]シュテファン・ショルテス [ピアノ]ボリス・ギルトブルク*


恒例ながらタコ耳の小生の聴取録を記します。

全体の印象としては「まあまあ」といった感じ。「まあまあ」ですが多分に肯定的な「まあまあ」。
ここのところ名フィルは名演・快演が多かったので、どうしてもそれと比較すると印象は薄くなってしまいますが「まあまあ」の演奏を聴かせてくれたのですよね、実際。そんなわけで「まあまあ」ということで。

この日の指揮者マエストロ=ショルテス、歌劇場のシェフという経歴から「謡う指揮者」かなあなんて勝手に想像しておりましたが、これがまったく外れてしまいましてとってもクールな音楽造り。わりと響きを短めに切り上げてわりにあっさりと音楽をする指揮者だなあ、なんてのが小生の印象。まあでもまあ悪くなかったので「まあまあ」。


曲毎の印象をば簡単に。

アイヴス。
生で聴くとやっぱりおもしろいなあ、アイヴス。美しく不協和音が奏でられ、見事にリズムのずれが聞こえてきて、とてもグッドな演奏。録音はどうだったかななんて思ったら手持ちのCDは友人に貸しだし中。無念。

こうやってアイヴス聴くと彼は本当に耳が良かったんだなあ、なんでこんなスコアが書けるんだ、なんてむちゃんこ感心してしまうことしきり。すごいなあ、アイヴス。


ガーシュイン。
うわっ速!というのが一楽章。そんなに巻くか?という印象は日頃の愛聴盤がプレヴィン/ピッツバーグ響だからかな。ピアノのボリス・ギルトブルク氏はわりと硬質な音色。いろいろと「若い・初々しいな」なんても感じました。そんなことも相乗しての少々「物足りない」印象。指揮もピアノももうちょっと溜めたりうたったりすればいいのにな、なんて思うところもございました。

そんな感じで小生としては「あっさり」「若い」「堅い・固い」という印象でした。もうちょっと「いろんな」差をつけたらもっと熱狂するのにな、この曲。でもまあボリス・ギルトブルク氏、あの速さで弾くんだから健闘ですね。

そしてカーテンコールに応えるボリス・ギルトブルク氏、アンコールをして下さったのですが引き始めた瞬間に小生?!。「このもやもやな始まりはまさかラ ヴァルスか?」ずばりアンコールはラ ヴァルスでした。「おいおいこの曲14、5分はかかるよなあ、カットして途中で終わるのかなあ」なんて思ってしまいながら聴いていると速い速い速い。速いことこの上ない演奏で最後まで完奏。もうちょっと残響とか大事にした方が良いんじゃないのかなあ、なんて事を思ってしまうくらいに速かった演奏。やっぱり「巻いた」のでしょうかアンコールだから。でも10分少々は弾いたんじゃないかなあ、うろ覚えだけど。でもテクニックは抜群でしたボリス・ギルトブルク氏。
そうそう二楽章のTpソロの下の音の部分でホルンのゲシュトップが重なるんだと初めて知りました。大いに収穫。それと最近は布をかぶせたりもするんだということも発見。
ついでながらラヴァルスのピアノ独奏盤があることも初めて知りました。


新世界。
久しぶりに生で聴く新世界。まああんなモンかな。
二楽章の冒頭のコラールは「おいおい」な出来。

今これを書きながら振り返って考えてみると全体に少々粗かったかもね、とも思いますね昨日の名フィル。でもある程度のスタンダードは維持してるように感じるのでやっぱり名フィルは上手になったんでしょうね。








行ってまいりました、名フィル定期。今回の演奏プログラムは以下の通り。

名古屋フィルハーモニー交響楽団第374回定期演奏会 サンクトペテルブルク

2010年11月13日(土)16:00開演    会場:愛知県芸術劇場コンサートホール

指揮:井上道義

曲目: ベートーヴェン   序曲『コリオラン』作品62
    ショスタコーヴィチ 交響曲第7番ハ長調 作品60『レニングラード』



恒例ながら小生の「タコ耳聴取録」を書かせていただきます。

この演奏を聴いての夜(つまり先ほどなんですが)友人にこんなメールおくりました。
「今日の演奏は名フィルの新境地。小生こんなに素晴らしいtp-trb-tubのサウンドを聴いたのはマゼール・ピッツバーグ新世界2楽章以来。貴君はギリギリ今年、定期会員になって名フィルをフォローしてホントに良かったかもしれない」

小生ショスタコも、コリオランも曲の内容については語るべき資質を持っておりません。
よってサウンドのみの印象のみを簡単に記します。


コリオラン。おおっフィッシャーにつながる系譜。マエストロ井上氏の本拠OEKのような刈り込んだ編成で筋肉質のベートーヴェンを聴かせてくれました。名フィルも好演。
マエストロ井上氏は指揮台・指揮譜面代を使わず。これはOEK流なのか?


ショスタコ:これが名フィルのサウンドか?!と感じ仰け反ってしまうほどシャープかつ力強く均整とれた美しい響き。
特に金管のトランペット・トロンボーン・チューバのラインが大秀逸。

いやいやクラもバスクラもファゴット1番とコントラファゴットも、オーボエも、フルートもホルンも皆秀逸。
ミックスされたサウンドも絶品。

いやいや管楽器だけじゃない、中低弦をはじめとした弦セクもよく鳴っていた。

いやいやヴァイオリンだって豊かな響きであったじゃないの。

いやいやこんな響きを書くショスタコーヴィッチのスコアが凄いのか。

いやいや名フィルからこんな響きを導いたマエストロ井上氏が一番凄なのだろうか。
こまかく練習をやっていたそうだし。

いやいや前回のマエストロ井上氏の時は「まるで粗かった印象のサウンド」。
マエストロ井上氏の要求に応えられるほど技量・音楽性が向上した名フィルの手柄ということか。


さて小生、この日のショスタコ4楽章を聴きながら芥川也寸志氏の作品を思い浮かべ、芥川氏の作品はもろにショスタコーヴィッチの系譜に連なるなあなんて、どうでもいいことも感じておりました。


しかし今日は絶品。
そろそろ今日のような演奏や前回定期のあたりの水準を名フィルの平均値として認識しなければならないようですね。良い音楽を聴きたい聴衆の一人としては至極幸福!と感じた次第です。




行ってまいりました、名フィル。今回のコンサートの詳細は以下の通り。

名古屋フィルハーモニー交響楽団 第373回定期演奏会

2010年10月23日(土)16:00開演 [会場]愛知県芸術劇場コンサートホール

[指揮]マーティン・ブラビンス
[ヴァイオリン]ジェニファー・パイク

[曲目]

チマローザ:歌劇『ロンドンのイタリア女』序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64
ヴォーン・ウィリアムズ:ロンドン交響曲(交響曲第2番)


では例のごとく、小生のタコ耳による聴取録を。


チマローザ:歌劇『ロンドンのイタリア女』序曲
ああ、こういう曲をあんな風に演奏できるなんて・・・・
弦をだいぶ刈り込んだ編成、ということもあったのかもしれませんが、乱れなんぞみじんも感じさせることなく練り上げられた小粋な演奏。
とても心地よいサウンド風景と謡いっぷり、響きも豊穣だったし、ホントに名フィルは上手になったと実感できた曲でありました。

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64
ヴァイオリン独奏は、その所作に初々しささえ感じさせてくれた(このあたりがだいぶ「おっさん」入ってますが)ジェニファー=パイク嬢。技巧・技術面ではまだまだ伸びていく余地があるのかな、なんてことも思いましたが、音楽全体の流れを大きく掴みスケールの大きな表現力と豊かな音色・音量に感服いたしました。しかも音楽を前へ前へと進んでいくんですよね、まるで彼女の中からあふれ出るものを堰き止められないかのように。そんな独奏にたいして、この日の指揮者のブラビンスが実にうまくオケ(と彼女の)手綱をとって絶妙なバランスに曲を仕上げてました。
友人曰く「こんなに退屈しないメンコンは初めてだ。」とのこと。小生も強く同意した次第です。
「Arigatogozaimasu。Sarabande by Bach」と彼女が告げて始まったアンコール。
小生にとってこれはイマイチだったのですが、これは全く嗜好の問題ですね。

この日のメインプログラム「ロンドン交響曲」演奏時には彼女、小生の席の右前方にて彼女の父親かなあ?なんて思われる年格好の男性氏(マネージャーでしょうか。それともホントに父親なのかな。)としっかり聴いておりました。ロンドン交響曲終了時には大きな拍手をしていたことを申し添えましょう。どうでもいいことですが、彼女の横顔きれいだったなあ。

さてそんなRVWのロンドン交響曲(交響曲第2番)。ジェニファー=パイクが盛大な拍手を贈っていたように上出来の演奏。
ブラビンスの真骨頂発揮という演奏だったのではないでしょうか。骨格ががっちりとした堅牢な構成。堅実なサウンド感。曲自体の性質というのもあるのでしょうが、非常にしっかりと音楽が作ってあったように感じました。
また今回のコンサートでは「弦セクション」が鳴ること鳴ること。あまりの鳴りっぷりに小生驚き。いつもは少々物足りないと感じるチェロまでがゴーゴー鳴る。これブラビンス効果なのでしょうか。何にしろ大満足。
RVWのオーケストレーション、これ実に小生のツボでして、そのような曲をとても充実した演奏で聴くことが出来てホントに幸福な一時でした。

と、そんなわけで次回の名フィルも期待したいですね。


もう一昨日になってしまいますね、ル・ジュナル・ド・パリat名古屋しらかわホール9月23日。
小生そもそもオケやらピアノやらを聴き始めた契機が「ラヴェル」。
そんな因縁もありまして、このプログラムを見た瞬間にチケット購入を決意。
細君をつきあわせましてこの日11時から21時過ぎまでフランス印象派に耽溺した次第です。

タコ耳の小生の聴いた印象などはツィッターにつぶやいてしまいましたのでそれを引用します。

ル・ジュルナルド・パリat名古屋しらかわホール、弟一部終了なう。モディリアーニカルテット絶品!二部以降も大充実の予感。なのに空席多数…

ル・ジュルナル・ド・パリat名古屋しらかわホール。弟二部終了なう。児玉桃とクレール=マリ・ルゲの連弾「ドリー組曲」。素敵すぎて言葉がない。

ル・ジュナル・ド・パリat名古屋しらかわホール。第三部は児玉桃の「夜のガスパール」が珠玉だった。第四部はアルベニスの「イベリア」。楽しみ。

ル・ジュナル・ド・パリat名古屋しらかわホール第四部終了なう。物凄くスケールの大きないアルベニスだった。名演。演奏はL・F・ペレス。



以上のように当日はつぶやきました。文字や時間の制限もあり(なにせ人形劇観たり珈琲飲んだりホワイエに出没した児玉桃さん眺めたり手回しオルガン回させて貰ったりイチビキに昼飯食べに行ったり夕飯求めて徘徊したりと盛りだくさんだったんです、この日は)エッセンスだけしかつぶやいてません、し第五部は力尽きてつぶやいてませんので、書きたがりの小生としては以下にの補足をばいたしたいということで。



さて冒頭の第一部。モディリアーニ弦楽四重奏団にぶったまげました。あまりのすばらしさに小生、尻子玉抜かれまくりの巻。ピアノ奏者の各人の音色や傾向の違いも如実に示してくれたのがこの第一部でした。

第二部。つぶやいたとおりにフォーレが絶品。感涙もの。そもそも、こんなプロフェッショナルな演奏者が気合いを入れて演奏した「ドリー」を聴くことが出来るという奇跡。
その他にも児玉桃のドビュッシー、この回も絶品のモディリアーニカルテットなどまたしても尻小玉抜かれまくり。アンヌ・ケフェレックのパヴァーヌ、冒頭まるでペダルを使わずこのまま超古典的なパヴァーヌになるのかしらん・・・と思ったら案外普通ね、なんて感じたこともここで告白します。


第三部。アンヌ・ケフェレックはどうやら小生の好みではないらしい、ということが発覚したラヴェルの「鏡」。クレール=マリ・ルゲの「子どもの領分」はまあ普通。といっても、個人的に発見したのが「小生ドビュッシーのピアノ曲は寝る」ということ。寝てしまいました。でもホントにドビュッシーのピアノだけなんだよなぁ、寝るのって。言い訳はさておき「普通」と書きながらも「良かった」んですよ、彼女の演奏は。この日の演奏全体に。でもドビュッシーは聴いてる最中に寝ちゃってるもので。。。
児玉桃のラヴェルは絶品。暖色系の彼女の音と寒色的なガスパールのスコアがコラボして絶妙な世界を作りだしてました。大堪能。

第四部。尻小玉が無くなるほど抜かれました。こんなイベリアあるのかしらん・・・・
けしてきれいな演奏ではないのだけれど、スケールが大きく壮大・掴みが大きな堂々とした演奏。演奏者L・F・ペレスが彼の掌中にしたアルベニスのイベリア。大絶品でしたし超名演でした。この演奏は録音では再現できないだろうし伝わらないよなあ。。。。。。
妻にはまるでけっちんを食らいましたが、小生の分類ではこ演奏者のL・F・ペレスは「チャゲあす」の「飛鳥涼」とおなじ集合に含まれるのですが、いかがなもんでしょうか。ってわけがわかりませんよね、これじゃ。

第五部。これつぶやいてません。当日、もう力尽きてますね。
「マ・メール・ロワ」の素晴らしかったことといったらなかったです。これ児玉桃の音楽性とアンヌ・ケフェレックの音楽性がまるで(「少々」かもしれませんが)違うことがもたらしたコラボレーションの勝利。第一曲目の最後の音がちょっとずれることもありましたが、そんなも問題外。「1+1が5」くらいになった演奏でした。それよりもなによりも、繰り返すことになってしまいますが「そもそも、こんなプロフェッショナルな演奏者が気合いを入れて演奏した「ドリー」を聴くことが出来るという奇跡」はこの「マ・メール・ロワ」にもあてはまります。

さてここまであまり記述してないクレール=マリ・ルゲ。彼女ドビュッシーばかり弾くんですよね。ドビュッシーで寝てしまう体質の小生としてはあまり書けないのですよ・・・無念。美しいピアニストなのになあ。


そんなこんなでロングランコンサートに臨んだわけですが、酔っぱらいながらこれを書いていたらやはり力尽きてきました。さて本日は武満徹の映画音楽集から「どですかでん」「青幻記」「四谷怪談」「乱れ雲」「黒い雨」を聴きながらの記述でございました。武満の映画音楽は良いなあ。

そんなわけで・・・・



行ってまいりました、名フィル。今回のコンサートの詳細は以下の通り。

名古屋フィルハーモニー交響楽団 第372回定期演奏会

2010年9月4日(土) [会場]愛知県芸術劇場コンサートホール

[指揮]ティエリー・フィッシャー
[ヴァイオリン]植村太郎*

[曲目]
斉木由美:二つの素描-独奏ヴァイオリンとオーケストラのために*〈委嘱新作世界初演〉
マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調



毎度の事ながら小生の「タコ耳聴取録」を記しておきたいと思います。

名フィル快演!しかし課題や問題も浮き彫りに。

新聞見出し調で記しますと、今回の演奏の小生にとっての全体的な印象はこのようになるのかな。

曲目毎に簡単なスケッチを。

斉木由美さんの新曲。
作曲者によるプレトークがあったようですが、残念ながらホール到着が開演10分前で聴くことができず。
この曲の小生の印象は「出来の良い」吹奏楽の曲のような印象。吹奏楽コンクールの邦人作曲家による課題曲はこんな感じだよな、なんて聴きながら思いました。そんなわけで今回の新曲のような現代曲は吹奏楽出身の小生にとってはなんだかなじんでしまう曲。(曲も、小生も「吹奏楽級」と言っては身も蓋もないのですが 苦笑)前回の藤倉大氏のアンペールは少々苦手でしたが。
ただあの長さが限度でしょうね、とも感じました。
ホルンのマウスピース叩き、ホルンである必然性は?なんてわけのわからないことをこの日聴き終わった後の友人達との飲み会で語りあったりもして(笑)、そんな意味でも有意義な(?)曲でした。

マーラー。名フィル快演でした。
しかし冒頭に記したように、小生には「名フィルが現状で抱える課題が露呈」した演奏であるようにも感じました。フィッシャーはこの曲に対して極端ささえ感じられるほどの緩急の差を振り付けて、この曲の持つ内面を明確にしようとした、と小生はとらえました。

一楽章のトランペットのファンファーレの後の、「重い軛」を付けて歩くかのように重く重く演奏された葬送行進曲や、スコアの指示通りに「Sehr langsam」に演奏され(しかし通常演奏の倍くらいは遅いんじゃないかとさえ感じられた)単なる美しい「アダージェット」にあえてしなかった第四楽章。予想通りのフィッシャー節を炸裂させた・・・緩と急、タメと解放をみせた第二楽章、それに加えて最後には終結部へのなだれ込み・煽りを加えた終楽章。

フィッシャーが意図する音楽は実に明確。名フィルもそれによく応え、実によい演奏を聴かせてくれました。とくに金管楽器群、トランペット、ホルン、トロンボーンの快演は特筆です(ちょっとした疵はありましたが)。なかでもホルントップの水無瀬氏は出色の演奏でした。大ブラヴォ!

しかし・・・たとえば第四楽章で露わになってしまった「弦楽器群」の不安定さや、楽章が長くなるにつれての緊張感の保持の難しさ(これは観客の方がよほど問題ですが)などは現在の名フィルが抱える課題なのでしょう。

つい先日聴いたしらかわホールでの名フィルとはまったく違う弦楽器の不安定さ、それが何を意味するかといえば「エキストラの質」なのかなあ、なんて「タコ耳」の小生は感じたりもしましたが、それが正しいのかどうかはわかりません。名フィルメンバーがフィッシャーによって鍛えられて、音色の統一感や一体性が以前より格段に向上しつつあると小生は感じますのでエキストラとの「差」が昔よりも目立ってしまう・・・・なんてこれは素人考えなのかもしれませんが。
しかしこれは「エキストラ」を責めるのではなく、自前のメンバーでこれくらいの曲をまかなえない名フィル(だけではなく地方オケ)の運営状況の厳しさに問題を求めるべきかもしれませんね。


さてこの日、演奏の後には友人達と都合6人で「名フィルのマラ5」を肴に痛飲しました。演奏会の後に飲むのは本当に楽しいですね。音楽を聴くこと、そのこと自体もも楽しいですが、それを語り合いながら酒を飲むことの楽しさったら最高です。まさに至福の一時。これも「名フィルとマラ5のおかげ」と考えると、ホントは何も言うことはないのかもしれませんね。

書きたいことはいろいろあるのですが(例えば亀山さんの衰えに対する寂寥感とか宮本弦君ってわりとフォーカスが太い良い音がするんだなとか小幡さん・・・以下略)まあそんなわけで。






06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。