2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の名フィル鑑賞記をば。

2月16日、名フィル定期を聴いてきました。
今年度は名フィル定期は皆勤なのですが、鑑賞記は今年度初。
小生のタコ耳度がいよいよ増してきましたので・・・・ということが原因ですね。


そんなわけですから、今回の鑑賞記も割り引いてお読みいただければ。。。。


さて、マエストロが変わるとこうもオケの音が変わるのか!!というのが第一印象。
398回の、ふわふわとしてフォーカスが甘くなんだかぶかぶかの服を着て運動しているような音像から、
ビロード・ベルベットのような手触りながらもくっきりと焦点が合い引き締まった音像への変化。

円光寺氏と尾高氏の力量の違い、といってしまえばそれまでなのですが、
昔は誰が振っても「名フィルの音」を鳴らしていたのですが、
いまはマエストロによって音が激変してしまう力量となった名フィル。
それはとても良いことなのですが、でも考えようによっては少々不幸な面もあり。。。。



399回定期、小生は休憩前の2曲が◎。
特に「マ・メール・ロワ」に大満足。
名フィルであんな「マ・メール・ロワ」が聴けるんだと感動しました。
いやあ良かった。

休憩後のエルガー、演奏自体は○。
たとえばトランペットの井上氏などは、元々上手いのですが
より高次元に突き抜けた「おおっブレークスルーしたのか!」と思わせる演奏でしたし。

ですが、なんだか曲そのものが少々「薄っぺらい」ような気がして、小生的にはイマイチでした。残念。
ペイン補作、という先入観がそうさせたのかもしれませんね。

力量アップした名フィル。
これからはマエストロの力量を「鏡のように写していく」オケになるのでしょうね。

これからが楽しみでもあり、不安でもあり。




この記事へコメントする















03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。