2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみに待っていたCDがイギリスから届いた。

naminobon.jpg

武満徹の「波の盆」が収録されているCD。CHANDOSレーベルである。


先日、友人が「題名のない音楽会」のDVDを貸してくれた。2011年1月30日放送のものである。
武満徹の特集の3回目らしく、ゲストに池辺晋一郎が招かれていていろいろ武満について語っていた。
その放送で、この「波の盆」の終曲が演奏された。

脳の中の情感中枢が(こんな回路があるわけ無いが)どかんとやられてしまった。
感情をどさっと鷲掴みにされ、揺さぶられてしまった。

いや、そんな大げさな音楽ではないのだ。
でも日本の響きがして、懐かしい風景が思い出されてしまう、そんな響きのする音楽。
僕は、小さい頃に遊んだ下北は田名部のあの原っぱ、あの初恋の女の子、そんなことさえ思い浮かべてしまった、そんな音楽だった。

二週間、この曲のことを記憶にとどめていたら買おうと思った。

二週間たった。記憶に残っていた。
CDを探した。

無かったんだな、これが。
調べたらCHNDOSレーベルにあるらしいことがわかったので、それならイギリスにはあるだろうという単純な思い込みでイギリスアマゾンで買ってしまった。
(ちなみに今だと日本のアマゾンで買える。でもアメリカ発送である。何とヤフオクにも出てる!)
イギリスからの郵送料込みで1600円くらい。まあ妥当でしょう。
HMVは二種あって一つは入手困難、もう一方は「8-13日 以内に入荷予定」とのこと。でもこれが入らないんだよなHMVは。

しかしホントに良い曲だ。武満の歌、そう、彼の歌に通じるものがある曲。


演奏は札幌交響楽団。指揮は尾高忠明。快演なり。



この記事へコメントする















05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。