2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってまいりました、名フィルブラームスツィィクルス#3。

今回のコンサートの詳細は以下の通り。

[指揮]ティエリー・フィッシャー

[ヴァイオリン]ルー・ウェイ  [チェロ]趙静

[プログラム]

ブラームス:悲劇的序曲 作品81
ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための協奏曲イ短調 作品102*
ブラームス:交響曲第3番ヘ長調 作品90


マーラー9番で熱演を聴かせてくれた我らが名フィル。
あれから3日しかたってませんが大丈夫かなあ、休み無しでリハしたのかなあ、プロはやっぱり大変だよなあなんてとかく素人の小生は余計なことを思っておりました。


さてさっそく小生の「タコ耳聴取録」を記録しておきたいと思います。

1曲目の悲劇的。
う~~ん、イマイチ音が届かないよなあ、イマイチまとまりがないよなあ、イマイチ不安定だよなあ、イマイチあの楽器の音色がペラペラで、イマイチあの楽器のピッチが不安定で、イマイチ。。。。。。。。。。なんてまったくイマイチ感が存分に漂っていた1曲目でした。例えはとても悪いですが「昔の名フィル定期1曲目」のようなイマイチ感。
やっぱマーラー後の燃え尽きた症候群か?なんて思って聴いておりました。

2曲目。
おおっチェロのソロイストはまあまあだよななんて感じた瞬間ヴァイオリンのソロイストにメロディが移って小生途端に腰抜かすの巻。何だこのヴァイオリンの入り方は?これってブラームスのスタイルか?????
小生のタコ耳には彼のヴァイオリンがまったく理解できず、小生のタコ頭では彼の奏法、音色などまるでブラームスのスタイルに合っているとは感じられず、小生には彼の奏でる音楽が何もかも「ごめん (_ _)」状態となってしまいました。
チェロが、そしてオケが曲を作っていくのに、ソロヴァイオリンに音楽が移った途端に音楽が寸断・分断され、まるで流れがなくなり停滞してしまったように感じられ、もう小生としては苦しいばかりなり。

つらい時間がようやく終わると会場はブラヴォの嵐。やはり小生はタコ耳なのですねえ。

終了後ソロイスト二人はアンコールを奏でてくれました。ヘンデルのハープシコードの編曲版。こちらはダブルコンチェルトよりはまだマシでしたね、ソロヴァイオリン氏は。でも「まだマシ」くらいで、小生にとっては別に「良い演奏」ではありませんでした。最後まで不幸だった小生。チェロはまあまあだったのにな。無念。


3曲目。
シンフォニーも悪かったら今日は最悪だなあ、なんてびびっておりましたが、杞憂でした。良かった。
最初の音から「まるで違う」じゃないですか、響きが、ベクトルが!音が飛んでくるじゃないですか、しっかりと。中低弦がゴーゴー鳴るじゃないですか「市民会館」なのにもかかわらず。ホルンもよく踏ん張ってるし。
ああ良かった。これを聴きに来たんだよな。

というわけで良かったです、交響曲第3番。
2楽章と3楽章、3楽章と4楽章をマエストロフィッシャーは棒を下ろさずにそのまま演奏。これも良かったのかな。

そして4楽章終了、フィッシャーはマーラー9番の時のようにゆっくりと棒を下ろそうとした瞬間に「一人のブラヴォー野郎」が出現してしまいなんだかがっかりな終末に。
マエストロ・フィッシャーはブラヴォーがかかった瞬間に「下ろしてない棒を強調」したかのように見えたのですが、これは小生の気のせいでしょうか?
しかしあのブラヴォー野郎、とっ捕まえて三角帽子でもかぶせて晒し者にしたい位だぞ、小生は。何とか方法は無いものか?くそう!


とまあ、3曲全部スカだったらどうしようかと、途中休憩中では真剣に考えてしまいましたがメインが良かったので何より。

次は4番とピアコン2番です。今度は2つとも揃えてよねえ!!

【革命無罪?造反有理?】
「悲劇的序曲」はそもそも私には曲の魅力がよくわからないで、演奏の良し悪しはちっともわかりませんでした。
協奏曲ではヴァイオリンの淡々とした運びががチェロの情熱と噛み合わないまま最後まで行った・・・第2楽章はましだったように感じましたが。

交響曲は冒頭の叩きつける部分から軽やかに感じたのですが、激しさを求め過ぎているのか、それともフィッシャー氏だからという思い込みからか、重厚さは終楽章まで感じませんでした。
だから全体のバランスというか脈絡が掴みきれませんでしたが、演奏に大過があったわけではなく、中間楽章が冴えていたように思います。

ブラヴォー野郎を「とっ捕まえて晒し者にしたい」気持ちは同じですが、なにやら「三角帽子でもかぶせて」となると文化大革命を思い出します(^^;
私が危惧するのは、日曜日の4番でも同じことをやらないかということです。
フィッシャー氏の常任としての最後の最後ということで、人民の敵である勘違い醜悪ブラヴォー野郎が自己満足100%の暴挙に出やしないかと・・・アナウンスなどで対応してくれるといいのですが。

【御返事遅くなりすみません Re: 革命無罪?造反有理?】
4番でブラヴォー親父が出現するかどうか、それを聴いてから御返事しようと思っておりました(笑)
すっかり遅くなりましてすみません<(_ _)>

結果気になるほどのブラヴォー親父が出現しなくて幸いでした。

しかし、わかりましたか(爆笑)文革へのオマージュ。
小生のイメージはまさに文革でした。バックグランドミュージックはファリャの三角帽子ですが。



> 「悲劇的序曲」はそもそも私には曲の魅力がよくわからないで、演奏の良し悪しはちっともわかりませんでした。
> 協奏曲ではヴァイオリンの淡々とした運びががチェロの情熱と噛み合わないまま最後まで行った・・・第2楽章はましだったように感じましたが。
>
> 交響曲は冒頭の叩きつける部分から軽やかに感じたのですが、激しさを求め過ぎているのか、それともフィッシャー氏だからという思い込みからか、重厚さは終楽章まで感じませんでした。
> だから全体のバランスというか脈絡が掴みきれませんでしたが、演奏に大過があったわけではなく、中間楽章が冴えていたように思います。
>

> ブラヴォー野郎を「とっ捕まえて晒し者にしたい」気持ちは同じですが、なにやら「三角帽子でもかぶせて」となると文化大革命を思い出します(^^;
> 私が危惧するのは、日曜日の4番でも同じことをやらないかということです。
> フィッシャー氏の常任としての最後の最後ということで、人民の敵である勘違い醜悪ブラヴォー野郎が自己満足100%の暴挙に出やしないかと・・・アナウンスなどで対応してくれるといいのですが。
この記事へコメントする















03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。