2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のティモシー=カーターのコンサートで気に入ってしまったメサジェの曲。
どうしても手元に欲しくなって買ってしまった。
そんなわけで、いろいろと探したんだけれどあまり音源が無いのだよね、この曲。

選択肢があまり無い中で買ったのが「Michael Collins」演奏の「The virtuozo clarinet」
mmichelko.jpg

ティムのコンサートパンフには「演奏会のための独奏曲」と書いてあったが「Solo de Concours」が原題なので「コンクールのための」が正しいんだろうな。
探すのに少々手間取ってしまった。

それと小生、大いなる勘違いをしていたようである。
ドビュッシーもメサジェも「コンゼルヴァトワールの卒業試験のための課題曲を委嘱されて書いた」んですね。
ドビュッシーやメサジェ自身が卒業するときに書いた曲ではありませんでした。赤っ恥。。。。


で、このCDなのですが、

正直ティモシー=カーターの演奏の方が圧倒的に良いです。
音色、音楽性共に。

CDを聴きながら嫁さんにそんな話をしたら「良かったじゃん。カーターが上手で。」なんて曰っていた。

ううむ。それはそうなのだが、このCDの立場はどうなるのさ。それとこれを買った小生の立場も・・・・・泣

この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。