2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってまいりました、名フィル。今回のコンサートの詳細は以下の通り。

名古屋フィルハーモニー交響楽団 第372回定期演奏会

2010年9月4日(土) [会場]愛知県芸術劇場コンサートホール

[指揮]ティエリー・フィッシャー
[ヴァイオリン]植村太郎*

[曲目]
斉木由美:二つの素描-独奏ヴァイオリンとオーケストラのために*〈委嘱新作世界初演〉
マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調



毎度の事ながら小生の「タコ耳聴取録」を記しておきたいと思います。

名フィル快演!しかし課題や問題も浮き彫りに。

新聞見出し調で記しますと、今回の演奏の小生にとっての全体的な印象はこのようになるのかな。

曲目毎に簡単なスケッチを。

斉木由美さんの新曲。
作曲者によるプレトークがあったようですが、残念ながらホール到着が開演10分前で聴くことができず。
この曲の小生の印象は「出来の良い」吹奏楽の曲のような印象。吹奏楽コンクールの邦人作曲家による課題曲はこんな感じだよな、なんて聴きながら思いました。そんなわけで今回の新曲のような現代曲は吹奏楽出身の小生にとってはなんだかなじんでしまう曲。(曲も、小生も「吹奏楽級」と言っては身も蓋もないのですが 苦笑)前回の藤倉大氏のアンペールは少々苦手でしたが。
ただあの長さが限度でしょうね、とも感じました。
ホルンのマウスピース叩き、ホルンである必然性は?なんてわけのわからないことをこの日聴き終わった後の友人達との飲み会で語りあったりもして(笑)、そんな意味でも有意義な(?)曲でした。

マーラー。名フィル快演でした。
しかし冒頭に記したように、小生には「名フィルが現状で抱える課題が露呈」した演奏であるようにも感じました。フィッシャーはこの曲に対して極端ささえ感じられるほどの緩急の差を振り付けて、この曲の持つ内面を明確にしようとした、と小生はとらえました。

一楽章のトランペットのファンファーレの後の、「重い軛」を付けて歩くかのように重く重く演奏された葬送行進曲や、スコアの指示通りに「Sehr langsam」に演奏され(しかし通常演奏の倍くらいは遅いんじゃないかとさえ感じられた)単なる美しい「アダージェット」にあえてしなかった第四楽章。予想通りのフィッシャー節を炸裂させた・・・緩と急、タメと解放をみせた第二楽章、それに加えて最後には終結部へのなだれ込み・煽りを加えた終楽章。

フィッシャーが意図する音楽は実に明確。名フィルもそれによく応え、実によい演奏を聴かせてくれました。とくに金管楽器群、トランペット、ホルン、トロンボーンの快演は特筆です(ちょっとした疵はありましたが)。なかでもホルントップの水無瀬氏は出色の演奏でした。大ブラヴォ!

しかし・・・たとえば第四楽章で露わになってしまった「弦楽器群」の不安定さや、楽章が長くなるにつれての緊張感の保持の難しさ(これは観客の方がよほど問題ですが)などは現在の名フィルが抱える課題なのでしょう。

つい先日聴いたしらかわホールでの名フィルとはまったく違う弦楽器の不安定さ、それが何を意味するかといえば「エキストラの質」なのかなあ、なんて「タコ耳」の小生は感じたりもしましたが、それが正しいのかどうかはわかりません。名フィルメンバーがフィッシャーによって鍛えられて、音色の統一感や一体性が以前より格段に向上しつつあると小生は感じますのでエキストラとの「差」が昔よりも目立ってしまう・・・・なんてこれは素人考えなのかもしれませんが。
しかしこれは「エキストラ」を責めるのではなく、自前のメンバーでこれくらいの曲をまかなえない名フィル(だけではなく地方オケ)の運営状況の厳しさに問題を求めるべきかもしれませんね。


さてこの日、演奏の後には友人達と都合6人で「名フィルのマラ5」を肴に痛飲しました。演奏会の後に飲むのは本当に楽しいですね。音楽を聴くこと、そのこと自体もも楽しいですが、それを語り合いながら酒を飲むことの楽しさったら最高です。まさに至福の一時。これも「名フィルとマラ5のおかげ」と考えると、ホントは何も言うことはないのかもしれませんね。

書きたいことはいろいろあるのですが(例えば亀山さんの衰えに対する寂寥感とか宮本弦君ってわりとフォーカスが太い良い音がするんだなとか小幡さん・・・以下略)まあそんなわけで。






この記事へコメントする















05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。