2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨晩青森から帰名。数字上は同じような温度でも空気の質感がまったく異なる名古屋。
名古屋へ戻ったら帰りの車中でいきなり鼻血を出してしまいました小生。名古屋拒否反応が出ております(笑)



まあしかし。
帰宅してみると、なんと嬉しい荷物が届いておりました。

Festival variations

クロード・T・スミスのフェスティバル・バリエーションズのCD。U.S.Airforce Band(アメリカ空軍バンド)の演奏のモノ。もちろん指揮はゲイブリエル大佐なり。

日本語表記では「フェスティバル・バリエーション」となるのが一般的ですが、ひねくれ者の小生としてはなるべく言語に忠実に、なんて外国語を日本語表記するのに無理があるのですが、まあ変奏曲で「一種類の変奏」ではないので複数形で表記させていただきました。


さてこの曲、小生が大学3年(だったと思うけどな? 2年生だったかな? 荻原君覚えてますか?)の時に日本に上陸。楽譜と共に上陸したのがこの曲のデモンストレーション演奏のカセットテープ。小生その演奏を聴いてぶっ飛んでしまったことを昨日のことのように思い出すわけですが、それを演奏していたのがアメリカ空軍バンドであります。このCDはそのオリジナル演奏のモノ。


実は一ヶ月ほど前から、小生の頭の中にはフェスティバル・バリエーションズがずっと鳴り響いておりました。なんでだろな?なにか啓示かしら?なんて思いながらもこりゃ聴かなきゃな、なんて手持ちのCDをさがすと会ったのが佐渡裕&シエナ・ウィンド・オーケストラ盤。
そいつを聴いたのですが一発アウト。頭の中の音とまるでシンクロしない。ううむ。

そうなんですよ。頭の中で鳴っていたのはアメリカ空軍バンドの演奏のモノだったと合点がいったわけで、だったら何とか音源の入手しなくちゃ、となったわけです。

どれくらい演奏が違うか。文字で表現するのはまったく難しいのですがここでは演奏時間だけを記しましょう。
佐渡&シエナ盤(「ブラスの祭典3」)では演奏時間11分16秒。
冒頭のオリジナル盤(とあえて書きましょう、ゲイブリエル大佐&アメリカ空軍バンド盤)は実測9分47秒、とこれくらい違うわけなんです。


で、届いたCDを聴いてみると・・・素晴らしい!
音質はレコードから録音したアナログカセットテープをそのままダビングしたような(多分そうだろうと確信。なんたってスクラッチノイズが入ってる)音質だけど、演奏は凄い。なんというキレ上がりの良さと推進力!
8分あたり(ホルンのハイFの後のあたり)からの演奏の強烈なグルーヴ感と壮絶な疾走感、ラストまで途切れず続く高揚感は最高である。フェスティバル・バリエーションズという曲の本質はこれにある。「フェスティバル」の高揚なのだ。熱烈なのだ。非日常感なのだ。

これじゃなくっちゃ!という感じである。聴いて良かった。


で、ここまで書いてじゃあどんな演奏なんだ?と、いう方のためにようつべを用意。



比較のためにシエナ版も。小生はシエナは評価しない、残念ながら。



最後になりましたがこのCD、フェスティバル・バリエーションズの他に独立賛歌による変奏曲(Variations on a Revolutionary Hymn)と華麗なる舞曲(Danse Folâtre)が収録されています。演奏はどちらともアメリカ空軍バンドであることは申しあげるまでもありません。嘘でした。CDをよく眺めてみたら違ってました。どおりで録音の音質がちがうんだ。ただしくは「独立賛歌による変奏曲(Variations on a Revolutionary Hymn)はアメリカ陸軍バンド」でした。訂正します。






【答えは】
大学一年生の時です。
合歓で先生が「買っとけ」と仰って
初見から2~3回練習して
「我が団では無理です」って事になって
多分大学では今まで演奏していないんじゃないかな?
先生が翌年のディレクターズバンドで演奏してたけど。
ついでに思い出せばM大から「楽譜貸して」
と申し出があったけど貸さなかったんだよ、「まだうちが演奏していないから」ってww
【Re: 答えは】
荻原君まいど。

あのさ、俺思うんだけど一年生でテープ聴きまくり(自宅持ち帰って聴いたり)はなかったんじゃないかなあというのと、そのシチュエーションは荻君2年副指揮以上でしょうなんて思うのですけどいかがでしょうか。

さて荻君、マーラー5番、S君は勤務多忙のため前日に聴くそうです。そんなわけで他のメンツで飲みましょ。


> 大学一年生の時です。
> 合歓で先生が「買っとけ」と仰って
> 初見から2~3回練習して
> 「我が団では無理です」って事になって
> 多分大学では今まで演奏していないんじゃないかな?
> 先生が翌年のディレクターズバンドで演奏してたけど。
> ついでに思い出せばM大から「楽譜貸して」
> と申し出があったけど貸さなかったんだよ、「まだうちが演奏していないから」ってw

【それはね】
貴方が自宅へ持って帰ったのは一年専攻の時の華麗なる舞曲だから。
【Re: それはね】
> 貴方が自宅へ持って帰ったのは一年専攻の時の華麗なる舞曲だから。

ううむ、そうだったのだろうか・・・って実は「華麗なる舞曲」全然執着無いんだよね、今でも。
曲聴いてもほとんど初聴きだしね。

まあなんでもいいわねえ、昔のことだし(笑)
実はおいらがあのテープを無くしたんじゃないかと思っているので、ね、へへへっへ。
ちょいと後ろめたいのかもね。




【とどめ】
華麗なる舞曲のデモテープを無くしたのは貴方です。
むかし貴方の口から聞きましたww
【やはり】
やはりそうだったのか・・・って、でも華麗なる舞曲についてはあまり記憶がなかったりするんだこれが。そういわれればそうだったような気もするし、って感じです。

件のカセットってこのCDと同じで3曲入ってたんだっけ?
それとも華麗なる舞曲とフェスティバルバリエーションズは別なの?

別だとするとフェスティバルバリエーションズのテープも俺が無くしたのかなあ?悪だなあ。
この記事へコメントする















05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。