2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日聴きに行った「名フィルの日 2010」の曲目の中で小生、一聴で気に入ってしまった「ダマーズ 木管五重奏のための17の変奏曲 作品22」。

早速音源を求めようとしましたが・・・なんと国内盤では音源が無いではないですか!なんたるちあさんたるちあ・・・なんて年齢相応の親父ギャグはさておき、困ったなあ。。。。と思案に暮れていたのは一瞬。困ったときの英国アマゾン。

英国アマゾンはクラシックCDが豊富にあるんですよね。しかもポンドは割安だし(一時に比べるとあがりましたけどね)。

検索かけたらありました、ダマーズ。
さっそく注文をして、イギリスからはるばるロイヤルメールで届いたのがこちら。
damaze.jpg
レーベルはCHANDOSでした。これだったら国内でもありそうなモンだけどな。。。

で、演奏団体はご覧の通り「レイキャビク管楽五重奏団」です。ハイ、当然お初です。
録音がちょっと気になるところ(全体の響きですね。マイク一本で、演奏者から距離おいたところで録ってるのかなっていう感じで残響音もわりと入っているような音なのです)があるのですが、演奏は満足いくもの。

このCD、近現代フランスの管楽五重奏を集めたモノで、お目当てのダマーズだけではなく、ミヨーにイベール、プーランク、ドビュッシー、フォーレ(後者三つはアレンジモノですが)等も入っていてとてもおもしろく、買って得したCDでした。

ちなみにお値段は送料入れて約14ポンド。およそ1900円というところでしょうか。価格も満足なCDでした(新品ですよ)。







【大好きな曲です】
ぜろすのうさん、はじめまして!
私もこの曲が大好きで、以前、音大に進学した知人に頼んで楽譜をコピーさせてもらったほどです。最初の行進曲風の旋律が全員でハーモニーで演奏するところでもう、いいなと思いますし、最後のほうで出てくるフルートとクラリネットのリズミックでチャーミングな変奏も素敵ですよね。クラリネットは休みが少なくて大変そうですが、その分、吹き終わった後大きな達成感が得られそうです。

私はこの曲を北九州国際音楽祭で聴きました。残念ながらクラリネットの技量が足りず満足のいく演奏ではなかったので、よく来日するル・ヴァン・フランセが取り上げてくれないかなと期待しているところです。

ここで取り上げられているCDは残念ながら未聴です。国内盤はフォンテックから発売されていますよ。ここに収録されているルーセルやプーランクの演奏も良いので、おすすめです。
http://www.fontec.co.jp/store/blog/1993/10/FOCD3181.html
この記事へコメントする















04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。