2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小生にとって黄金週間初日の今日、5月1日。
出不精な小生、遠出する予定もなく午前中はいそいそと家の掃除をし午後は買い物に出かける、というなんだか黄金週間らしからぬ、ほとんどいつもの週末のような生活ぶり。

本日の最大イベントである買い物。目的は味噌買い。
文字面だけけ見るとなんだか「とほほ」なんだが、小生にとって食品購入は「コンサート」と同じくらいの重要なイベント。
味噌買い行、場所は武豊、伊藤商店という醸造元へ。つまりは味噌蔵ですね、そこまで出かけ「傳右衛門 生味噌」を購入する。1㎏1260円也の代物。これが美味いのだ。

これで所期の目的は達成されたのだが、
帰途になぜだか魚屋によってみたくなって、帰宅路をちょいと曲がって衣浦海底トンネルへいき、碧南は大浜の「魚為」へ行く。

味噌買いに同行していた細君も魚屋行きへは同意していたのだが、その理由は親父さんのつまみになにか刺身でも買おう、なんてことだったらしい。
魚為に着いてみると、なんとトロ箱に真鯛が並んでいる。それも「3尾1100円」とか「5尾で1000円」とか破壊的な値付け。店の親父は「地物の真鯛がこんな値段なのに誰も買わない」とぼやいている。
しかし、よく考えてみると、買わんだろう、真鯛。だって五匹もさばいてたらイヤになっちゃう・・・
そんな親父を尻目に細君は刺身を買い、とっとと車に戻る。

小生は真鯛に心を奪われてしまって、真鯛の前を行ったり来たり。
細君に相談したら「一匹にしてもらったら?」というので親父さんに交渉。
ところがすげなく断られてしまう・・・なんてこった、二人で食べるのには3尾とか5尾なんて多いんだよなあ。

そんなわけで小生は、嫁さんに止められたにもかかわらず、二尾で1500円也の真鯛を買ってしまいました。
まあ二尾だったら何とかなるだろう!と思っていたのだが・・・・さて、その二尾。
店頭で見たときはどうって事ないなあなんて思ってたのに、袋に入れられて持ってみると重い、重い、重い。
これ3㎏はあるかもなあ・・・なんて思いながら帰宅。ちょっと冷や汗。

で、いよいよさばくぞ!と記念に撮った写真がこれ。

madai1.jpg

でかいのがわかりますか?
参考においたのが岩波文庫。ニーチェなのはまあご愛敬。文庫本、だいたい15㎝くらいです。二倍はありますからね、この鯛。ですから30センチ級ですわね。
この二尾で1500円なんです。真鯛です。地物です。もちろん天然。

この破壊的値付け。海辺に住んでて良かったと思う瞬間。わはははは状態。



で、頑張ってさばくわけです。活躍するのが愛用の包丁二本。

houityou1.jpg
もうだいぶ使って、いつごろ買ったのか記憶にない柳刃と出刃。

こいつを使って、家の外の流しでさばく、さばく、さばく。
もともとは靴なんかを洗うために設計した外流しですが、もっぱら魚さばきにと自転車のパンク修理に使用。
なにせ魚は鱗が飛ぶしね。屋内でやると大変。
ここで水をジャージャー流しながらさばきます。
manaitanoueno.jpg



第一段階終了後はこんな感じ。

kirimi.jpg

なにせ自己流なのでね。まあこんなふう。
さばいてたら何と卵を抱えていたので、こりゃイカン、食べなきゃと、慌てて丁寧にさばいたりもしました。
魚の右手にあるのが卵と、きれいな肝。


卵抱えてるよなあ。。。。ふと考える。
ということはこれって産卵前の、正真正銘「桜鯛」じゃんか!!

ううむ。それが二尾で1500円とは恐るべし。恐るべし碧南。恐るべし三河湾。。。。。。



さてさて
さばいた結果胴体と泣き別れにさせてもらった頭がふたつと
身は三枚におろしまして、二尾の真鯛から都合四枚の切り身、そしてアラがゲットできました。
それらの写真はありませんがあしからず。

今日は切り身の一枚を刺身に。頭二つとアラは煮付けて賞味。
もちろん「鯛の子」と肝も甘辛く煮付けて賞味。
いやあ「かぶと煮」の美味かったことといったら!筆舌尽くしがたしとはこのことなり。
こんなに「でかい」かぶと煮を食べたのも初めてかも、だし。

2010年5月の幸運なスタートの一日でした。


【船底を がりがりかじる 春の鮫 (落語「雑俳」より)】
やめるよう「お嫁さんはかく語りき」にもかかわらず、ぜろすのうさんの理性の「神は死んだ」のか、つい二尾1500円也の真鯛を買ったのは「人間的な、あまりに人間的な」営為で、読んでいて嬉しくなります。

真鯛が化けた二尾の桜鯛はそれぞれ頭と身に別れて、一尾はフリードリヒとニーチェに、一尾はリヒャルトとヴァーグナーに、そして更に細分化され、いずれは昇華ならぬ消化されてしまうのでしょう。

春の海 ひねもす のたりのたりかな

海に行ったわけではないけれど、のどかな黄金週間はべた凪の春の海のよう・・・そのせいか私の頭からは春の膿が出てきて、飲んでもいないのに酔っ払いコメントで申し訳ありません(^^;
【】
まいど~!
うちには、兜煮、届いてないぞ~(爆)
でも、マジで、やっすいなぁ・・・・こっちでも、そこまでのはないなぁ・・・・(地ハマの小さいのなら、めちゃ安ですが)
この記事へコメントする















06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。