2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日映画を見に行った際に腹ごしらえをした「名古屋駅そば 千成」

つい一月前までこの店のあった場所では「翁」系のそば屋さんが存在していた。
それを食べようと勇んで行ったら、何と店舗が変わっていた。
なんだ変わっちまったのか、と思ったけれど頭の中が「蕎麦エキス」で充満していたので入店。

ざるそば大盛り500円也を食す。

キッチンの中を覗いていたら、すでに大量に茹でてあり、それを取り置いてあるザルの中から盛りつけ。
食してみると、香りまるでなし・芯が残る・うどん粉(あえてこう書きます)の味と最悪。
付け汁もただ辛いだけでこちらも最悪。

この店舗のある場所がそば屋となった「最初のお店」ではこの「千成」と同等の価格で
「一応の茹でたて」の蕎麦を食べることが出来た。
べらぼうに美味い、というわけにはいかないが、価格を考えると充分に「蕎麦」らしい「蕎麦」であった。

一方この「千成」。小生二度と入ることはないだろう。
500円出したら、名古屋駅という立地を考えても、探せばもう少しましなモノが食えそうだ。

この記事へコメントする















03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。