2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋フィルハーモニー交響楽団 第366回定期演奏会「早春」
2010年2月27日(土) 愛知県芸術劇場コンサートホール

ラヴェル:スペイン狂詩曲
ルトスワフスキ:オーボエとハープのための二重協奏曲
ホリガー:クリスティアン・モルゲンシュテルンの詩による6つの歌〈日本初演〉
シューマン:交響曲第1番変ロ長調 作品38『春』


指揮・オーボエ:ハインツ・ホリガー
ハープ    :ウルスラ・ホリガー
ソプラノ   :秦茂子



あまりの艶めかしさにこれが名フィルの音か!と何度も反芻した「スペイン狂詩曲」
口腔いっぱいに広がるヴォリュームあふれる豊潤さと妖しさを備えたワイン、そんなサウンド。

サウンド・バランス・歌い方などおそらく隅から隅までホリガーの指示が行き届いていたこと間違い無し。

押しては引き、引いては返すテンポの揺らし。
熱狂的になりながらも暴走しないリズムセクション(カスタネットが重めだったのが気にかかったが)。
拡散することなくフォーカスが定まっていたサウンド。

圧巻。

聴き終えたときには余りのことに脱力。
この曲で帰ってもチケット代のもとはとれただろう、なんて思ったがこれがあとから大間違いと知る。
この圧倒的な出来映えの「スペイン狂詩曲」が単なる「ホリガーの名刺代わり」だったようでして・・・。

ルトスワフスキではホリガーのオーボエの超絶技巧に圧倒され、またもや脱力。
あまりにも次元が違いすぎるその技量と音楽性。
なんで70過ぎのじいさんがあんなに吹けるんだ、と頭をクラクラさせながら聴く。
また曲そのものが聴き手の精神の緊張度を要求するからもう必死。
聴き終わったときには余りのことにまたもや脱力。
アンコールに応えてホリガーは、同じくルトワフスキの「magia」を演奏。
彼の音楽性を純粋に感じることができる演奏。心と頭は少々ほっとする。


おっと夜遅くなってしまった。続きはまた後日執筆します。










【評価の違いもまた面白し】
「スペイン狂詩曲」の感じ方がまったく違うのは面白いですね。
とはいえ、私の曲への理解が充分でないこともあるでしょうし、俗っぽいノリや踊り狂うのを期待したこともあって、受止め方が違うのだと思います。
そして何より印象が希薄になったのは、その後のルトスワフスキとホリガー氏の作品の面白さに惹かれたからだと思います。

それにしてもホリガー氏はとても70を過ぎているとは思えないほどエネルギッシュでしたね。
そういう部分もフィッシャー氏のお気に入りなのなかと想像してみたくなります。
続きの記事を楽しみにします(^^)
【Re: 評価の違いもまた面白し】
やっぱり音楽の感じ方というのは人それぞれですね。
それが「おもしろさ」と小生も思います。

ルトスワフスキとホリガー、これは抜群でした。
小生はシューマンが余分だったかなあ・・・なんて不遜なことを思ったくらいです。
メインはなんなんだ?!って事になってしまいますが(^^ゞ



> 「スペイン狂詩曲」の感じ方がまったく違うのは面白いですね。
> とはいえ、私の曲への理解が充分でないこともあるでしょうし、俗っぽいノリや踊り狂うのを期待したこともあって、受止め方が違うのだと思います。
> そして何より印象が希薄になったのは、その後のルトスワフスキとホリガー氏の作品の面白さに惹かれたからだと思います。
>
> それにしてもホリガー氏はとても70を過ぎているとは思えないほどエネルギッシュでしたね。
> そういう部分もフィッシャー氏のお気に入りなのなかと想像してみたくなります。
> 続きの記事を楽しみにします(^^)
この記事へコメントする















ラヴェル:スペイン狂詩曲 ルトスワフスキ:オーボエとハープのための二重協奏曲 【アンコール/ルトスワフスキ:3つの断章より第1曲「魔法」】 ホリガー:クリスティアン・モルゲンシュテルンの詩による6つの歌 1.早春 2.夕暮れ 3.蝶 4.憂鬱な小鳥 5.日の出前 6.秋... ...
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。