2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりマスメディアでは報道されないであろう、こんな事件。
蟷螂の斧だとは思いますが、小生のブログでもアップさせていただきたいと。

事件の概要はこんな顛末。
ジャーナリストの岩上安身のTwitter(http://twitter.com/iwakamiyasumi)から。

重要! 検察から、週刊朝日編集部に、出頭要請が
あったのは、事実だった!、情報が二転三転して申し訳ない。以下が真相。今日の午前中、検察から週刊朝日に対して、文書が届き、すぐに来てくれ、捜査妨害だ、話を聞きたいと。明白な出頭要請が。

重要!2 この出頭要請情報は、たちまち外部にも
流れたが、これに対して、検察は記者クラブを通じて、朝日新聞本社に圧力。なんと朝日新聞本社は、この圧力に屈して、週刊朝日編集部トップに対し、抗議文が来たことだけにして、出頭要請は伏せろと指示

重要!3 本社の圧力に対して、週刊朝日編集部
トップは抵抗したが、本社側の強い圧力に押し切られた。編集部の平部員や、外部に対しては、出頭要請はなかった、抗議文だけだったということにして、山口編集長は、明日、出頭することになるという。

要!4、検察の異常な強権発動、それに唯々諾々と従う記者クラブ、権力に屈して、身内を売り、出頭がなかったことに偽装を強要する朝日新聞社、それらすべてに、断固として、抗議する!


有田芳生氏は同じくtwitter(http://twitter.com/aritayoshifu)でこのように総括している。

まとめ。「週刊朝日」山口編集長に東京地検から「捜査妨害」と出頭要請。山口さんは出張中ゆえに無理と答えると次席検事は絶句。それがツイッターで流布。慌てた地検は要請がなかったと記者クラブを利用。朝日新聞社内も対応。抗議はあったが出頭要請なしで対外的対応。その情報があちこちに流れる。


下線部はぜろすのうです。

この部分、脱力、ですね。いやはや。未来はないですよ、まったく。


どこからみても開発○○国・発展○○国の独裁政権でよくあるお話。
我が国の場合は権力のあり方が少々複雑でフォーカスが絞りにくいので何が独裁だかごまかされておりますが。
民主主義?自由主義?報道の自由や独立?なんだこりゃって感じ。
そんなことを標榜してないだけ、もしかしたら某国のほうがましかもね、すっきりしてて。

・・・・・た。は。は。

以下に検察が今回問題とした記事を転載しよう・・・と考えましたが、
小生にできる週刊朝日への応援は「この号を完売」させることのみ。
気になられた方は是非購入して下さい。

来週、新しい号が発売された後に引用記事を転載しようと思います。
(ただ今日の記事の空白部分をじっと見つめていると、何かが・・・ 笑)

追記:今日2月4日付の有田芳生氏のブログ(http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/)にはこんな記載がありました。

東京地検が「週刊朝日」編集長に出頭要請

 2月3日(水)「週刊朝日」の山口一臣編集長が「捜査妨害だ」と東京地検に出頭を要請された。
その事実をツイッターで流したところ、地検は要請がなかったように糊塗すべく、記者クラブなどを利用。
何が「捜査妨害」かといえば、石川知裕議員の女性秘書を保育園への連絡もさせずに10時間も事情聴取したのが民野健治という検事だったと明記したことだという。
朝日新聞社内でも「抗議はあったが、出頭要請はない」との線で対応、事実を隠蔽しようとの動きがあった。

麻布台のラジオ日本へ。宮前ユキさんの「ミッドナイト•カーボーイ」の収録。オウム事件、テレサ•テン、参議院の繰り上げ当選を断り、今年の参議院選挙に出ること、ちあきなおみさんのことなどを語る。好きな曲を2曲持ってくるように言われたので、都はるみさんの「散華」、坂本冬美さんの「また君に恋してる」を選んだ。放送は2月22日夜中の12時半から。お茶の水でハロー通訳アカデミーの植山源一郎学院長から話を聞く。粉雪舞うなかを神保町まで歩き「萱」。


ますます脱力・・・・




引用記事:週刊朝日2月12日号
検察暴走! 子ども”人質“に女性秘書「恫喝」10時間


小沢一郎VS検察の戦いが佳境に入っている。


検察は捜査対象を広げ、小沢後援会、接触した建設会社、秘書、元秘書などしらみつぶしにあたっている。


衆議院議員で小沢の元秘書の石川知裕の捜査・逮捕もその流れの中にある。


その石川の拘留期限は2月4日に切れる。そのため、検察は別件だろうがなんだろうが、石川を留め、捜査の継続を画策しているという。


「もうめちゃくちゃですよ。何でもいいから見つけて来い、そんな感じです。上層部は相当焦っている。現場から不信の声も上がっています」(検察「関係者」)


検察が小沢を追い詰めているという新聞・テレビの報道とは随分と違う。さらに検察「関係者」の話を聞いてみよう。


「週刊朝日の記事に対しては本気で怒っています。懇談なんかでも「上杉のヤロウ、調子の乗りやがって、目にもの見せてやる」と半ば公然と話しているくらいですから。その報復が女性秘書に向かったんですよ」


先週号で筆者は、石川が事情聴取の際に、検察から子育て中の若い女性秘書をネタに恫喝を受けていた事実を書いた。http://bit.ly/bjZYXD


その号が発売された日、今度はその女性秘書が「事情聴取」に呼ばれたという。翌日の鈴木宗男衆院議員のブログ
「ムネオ日記」にそれに該当すると思われる記述がある。

「さらに昨日は、石川事務所の女性秘書を午後1時から10時半まで事情聴取している。小さな子供がいるから早く帰してやってくれ、と言っても、検察は帰さなかった。まさに拷問的取り調べだ、と、弁護士は怒っていた」

弁護士も指摘する通り、それは事情聴取とは言い難い卑劣極まるものだった。


「保育園に子供が残っています。お迎えだけは行かせてください。その後、また戻ってきます。せめて電話だけでも
入れさせてください。」

感情を抑えられずとりみだす母親、その前に座る男はこう言い放つ。


「何言っちゃってんの。そんなに人生、甘くないでしょ」



もとより、小沢事務所の政治資金規正法違反の捜査で、なぜ石川事務所の秘書を聴取する必要があるのか?


石川の秘書時代の仕事を他の事務所から3年ほど前に移ってきたばかりの新しい秘書が知る由もない。

あまりに無謀な検察の捜査。新聞・テレビが一切報じない、その一部始終を「関係者」の証言を基に再現しよう。



1月26日(火)の昼ごろ、石川事務所に「タミノ」と名乗る男から電話があった。女性秘書に検察庁に来てほしいという。

女性秘書が「今日も押収品の返却ですか?」と確認すると、タミノは「そうです、あと、ちょっと確認したいことがあるので」と返した。

よく聞き取れなかったので、もう一度確認すると、「返却です」と答えた。


女性秘書は、1月15日の石川逮捕以来2度(22日、25日)検察庁から呼び出しを受け「押収品」の返却に応じている。

今回も同様の案件だと信じた女性秘書は、ランチバッグ一つで検察庁に向かった。


霞が関から議員会館のある永田町からは一駅である。前日と同じように、コートも着ずに薄着で出かけた。ランチバッグの中には千円札と小銭、ティッシュとハンカチ、携帯電話だけである。


検察庁に着くと前回までとは違う部屋に案内される。するとそこには民野健治という検事が待っており、いきなりこういい始めたのだ。


「被疑者として呼んだ。あなたには黙秘権があるので行使することができる。それから~」


事情を把握できずパニックになった女性秘書が、ほかの秘書か弁護士に連絡したい旨を告げると、民野健治はそれを無視して、逆に、携帯電話の電源を切るように命じ、目の前でスイッチをオフにさせたのだ。


それが昼の1時45分。だまし討ちの「監禁」はこうして始まった。

任意の事情聴取は、文字通り「任意」である。

よって、被疑者であろうが、参考人であろうが、当事者の同意が必要なのは言うまでもない。

仮に、拒否しても、その場を立ち去っても問題はない。拒否も国民の当然の権利である。


ところが今回「聴取」というだまし討ち監禁は、そうした意向を問うこともなくスタートしている。


民野検事は、女性秘書に小沢と石川が共謀していたことを認めるよう迫り続けた。だが、彼女がそんなことを知る由もない。


女性秘書は石川が小沢の秘書をやっているときは、別の民主党議員事務所に勤めていたのだ。


しかも、当時は与野党に分かれており、自由党の石川秘書についてはその存在すら知らなかった。

そんな彼女が、小沢事務所の会計事務のことを知るすべはない。

その旨を正確に述べると、検事は次のような言葉を並べるのだった。

「いいんだよ、何でもいいから認めればいいんだよ」「早く帰りたいなら、早く認めて楽になれよ」


「何で自分を守ろうとしないの。石川をかばってどうするの」


こうした言葉をさんざん浴びせられたが、知りようもない事柄を語れるはずもない。

そこで黙っていると民野検事はこう言い放った。


「あんた、何も言わないのは愚の骨頂だよ」


取り調べ室では時刻もわからない。もうずいぶん時間も経過したのだろう。


ふと見るとそれまでブラインドから差し込んでいた外の光が暗くなっている。


3歳と5歳の子供が待っている保育園に迎えに行かなければならない。


夫でも誰でもいいから迎えに行かなければ、幼い子供たちも心配するだろう。


取り調べ可視化 これじゃ無理だ。


女性秘書は検事に対して、繰り返しお迎えの許可だけを懇願する。


一時的でもいい、必ず戻ってくる。せめて電話を入れさせてほしいと哀願し続けたのだ。

そして、母親の子供を思う気持ちが昂ったその時、検事の発した言葉が、先の「何言っちゃってんの?そんなに人生、
甘くないでしょ?」という台詞だったのだ。


その言葉を聞いて、母親はパニック状態に陥った。手が震え出し、自然に涙がこぼれてくる。ついには呼吸が荒くなり、過呼吸状態に陥った。


飲み物を所望する。ご希望をどうぞ、と言われたので、「お茶をください」と言った。すると民野検事は事務官を呼び、庁内にあるローソンに買いに行かせた。事務官が戻ってきてお茶を出すと同時に検事はこういったのだ。

「120円、払ってください」

一方、昼間に出かけた女性秘書の帰りがあまりに遅いため、石川事務所のスタッフたちもさすがに心配になってきた。
ちょうどそのころ、検察庁から一本の電話が入った。


「○○さん(女性秘書の名前)からの伝言です。今日は用事があるので事務所には帰らないとのことです」と、男の声で名前も名乗らず、それだけ言うと一方的に切れたという。


日が暮れて数時間がたつ。子供の迎えの時刻が迫ってからは「せめて主人に電話をさせてほしい」「ダメだ」というやり取りの繰り返しになる。


あの小沢一郎の事情聴取ですら、準備に準備を重ねて弁護士を連れ、自らのホテルの部屋という条件で行われたのだ。しかも4時間半である。

一方、女性秘書の「監禁」時間はすでにこの時点で5時間を超えている。

だんだん思考能力も低下してきた、と、のちに弁護士にも語っている

この母親が何百回、同じ「哀願」を繰り返したころだろう。

ようやく検事が「じゃあ、旦那にだけは電話していい」と認めた。


検事の目の前で携帯のスイッチをオンにし、画面に夫の電話番号を表示し、それを見せながら発信ボタンを押した。
子供の迎えだけを頼んだ。それから次に弁護士への通話をお願いし、しばらくして同じように許可された。


弁護士が健治と「聴取」の中断を交渉し、午後10時45分、事務所を出てから約10時間ぶりに女性秘書は「監禁」から開放されたのだった。

結局、「押収品」は一つも返してもらえなかった。

つまり、東京地検特捜部は、最初からこの若い母親をだまして「監禁」することが目的だったのだ!

2008年に最高検が出した「検察における取り調べ適正確保方策に関する諸通達では、長時間の取り調べ、休憩なしの聴取などを禁じている。

今回の「監禁」はこれに明白に違反している。

 
しかし、最も卑劣なのはこうした人権侵害を知っていて、1文字も、1秒も報じない新聞・テレビの記者クラブメディアだ。


とにかく検察などの国家権力があらゆる手段をもってしても自己目的を達成しようとすることは、人類共通の歴史だ。
 

ところが、普通の民主主義国家では、そうした捜査当局の暴走に歯止めをかけるためのジャーナリズムが存在する。


ただし、日本ではそれがない。



むしろ逆に、検察の暴走を、つまらない自らの立場を守るために、見て見ぬふりをしているのが現状だ。

それは、何も知らないよりずっと性質が悪い。

先週号でもふれたとおり、石川事務所での一連の「違法」強制捜査は記者クラブメディアの記者たちの目の前で行われたのだ。

さらに、懇談で女性秘書への事情聴取があったことも話題に上がっている。

検察の捜査が卑劣だとしたら、それを知っていて書かず、無言で協力してきた新聞・テレビの記者たちこそ卑怯だと言わざるを得ないのではないか?





引用終了。

この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。