2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン=アダムズの「Short ride in a fast machine(高速機械で早乗り)」を久々に聴こうと思ったのに
なぜかCDラックにないんだ、これが。

このあいだ整理整頓したはずなのになぜかない。だらしのない小生にはしばしばあることなんだけど。

で、仕方がないから、これも久しぶりにエルトン=ジョンの「フレンズ」を聴くことにする。
そういえば、このCDはオーディオシステムを更新してから一度も聴いてなかったな。

手持ちのCDは「RareMasters」で「フレンズ」のサントラはその中の一部なんだけど
中学生の頃(つまり30年以上前だ)に持っていたLPはこんなジャケットでした。

friends5.jpg

映画にワクワク・ドキドキして、今は亡きアニセ-アルビナにあこがれたあの頃たんだよねえ。
ジャケ写真にもあるように、今は亡き水野晴郎さんの水曜ロードショーで視聴しました。
放映の翌日はクラスの男子連中はこの映画の話題で持ちきりだったのを覚えています。
そして音楽も良かったよなあと小遣いはたいてLP買って、聴くたびにのめりこんでいって・・・

エルトン=ジョンは高校生の頃までちょっと傾倒していたんだけど
この頃のエルトン=ジョン(1971~1975位まで)が音楽に発展・上昇ベクトルが感じられて一番良い時代だと思うのは小生だけだろうか?まるで根拠はなく、たまたま自分の好きな楽曲があるというだけなのですけれど。

こんなこと書いてたら、高校3年時分に彼女にふられて呆然としていた頃、なぜかエルトンジョン・ジョンレノンのジョイントライブのLPをしょっちゅう聴いていたのを思いだしたぞ。
ううむ・・・・そういえば、その時の彼女、元気してるだろうか?成人式の時以来会ってないなあ。
元気で幸せに暮らしているといいなあ。

この記事へコメントする















05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。