2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飽きっぽい小生が、珍しく執念深く書き続けているこのシリーズ。
小生の立ち位置も含めて一度この辺で論点の整理をする。

今回のシリーズで小生が問題としたいのは以下の二点。

・小生が問題にしているのは検察のリークが問題であること(それによる世論操作なども含めて)

・検察のリーク情報を垂れ流し世論を一定の方向(検察の考える方向)に誘導するマスコミの報道姿勢が問題であるということ。


問題を複雑にしているのが小沢一郎氏の手法、小沢一郎名義で陸山会の秘書のために土地購入したという点や政治資金報告書に記載がどうだとか(漏れてないとか)ということ。
よ~く考えてみると陸山会に集められた政治献金で土地は購入されたが、土地名義人は小沢一郎氏である点などは「?」と思わないでもないが、今回「検察リーク」問題の検討に当たっては小沢氏の問題の是非善悪について関係ない。
当然だが検察リーク問題と小沢一郎氏の手法及び今回の土地購入問題は別問題として考えなければならない。
仮に小沢一郎氏の手法が「極悪」であるとしても検察リークが許されるわけでもないし、マスコミの報道姿勢が正しいわけでもない。逆もまた然り。

混同は敵方の思う壺である。そんな壺に嵌ってはいけないのだ。

この記事へコメントする















04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。