2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家にはビリケンさまが鎮座なされている?ん?していらっしゃる?してござる?
ま、いいや。ビリケンさまがお一人いるのだ、我が家には。
そうプロフィールにも使っているビリケンさまのことである。

biri.jpg
隣の「太陽の塔」さまとか「シヴァ神」さまとかはとりあえず無視してください。

このビリケンさま。嫁さんが通天閣で購入してきたものである。
こんなの買うヒトいるんかい?と思う、あのおミヤゲ。そんなヒトが我が妻でした。

しかしシヴァ神は友人にもらったものだし、
そういえば太陽の塔さまは妻が誕生日プレゼントに買ってくれたものであるから
かんがえてみれば小生が購入したものは一個もない(この画面上では)
しかし、まあ、推して知るべし、で
似たもの夫婦といえばそんなものでして・・・


さてビリケン。
ビリケンといえばあの名画 阪本順治の「ビリケン」である。
小生はあの映画をスクリーンで3回も見てしまった。3回お金を払って見に行った。
見るほどに味がある。ホント恐れ入った。
あの映画を見て
小生は阪本順治という監督の才能と山口智子の女優の資質におそれいった。
この映画での子役と山口智子の共演シーン。山口智子の表情ったら抜群である。
それを演出し「撮りきる」監督の手腕。もう見事でした。おそれいしました。

嫁さんとも一度一緒に見た。その結果が我が家の「ビリケンさま」である。
(だいたい同じ映画を酔狂に三度も一緒に見てはくれない、我が妻は)

足の裏を気の向いた時に撫でくすぐっているが、いまだ宝くじは当たらない・・・
まあ今が幸せに暮らせているからそれが御利益なんだろうな、ビリケンさまの。





この記事へコメントする















08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。