2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋フィルハーモニー交響楽団 第362回定期演奏会 
「ア・ストリング・アラウンド・オータム」

2009年10月17日(金)16:00開演   愛知県芸術劇場コンサートホール


リャードフ:交響詩『魔法にかけられた湖』作品62
武満徹:ア・ストリング・アラウンド・オータム*
エルガー:交響曲第2番変ホ長調 作品63


指揮:尾高忠明  ヴィオラ:今井信子*


さあ行くぞ!と乙川駅から列車に乗ろうとしたらいまだかつて無い「ウルトラ超満員」
何とか乗り込んで出発。
なんでも名鉄が人身事故とのことで振り替えだそうな。
しかし乙川駅でこの状態だと・・・

イヤな予感はあたって停車するたび次から次へと人が乗り込んできて
もう阿鼻叫喚状態。
大府で何とか乗り換えるも心身共に疲れ切ってしまいました。

そんな状態で会場に到着。
と、いうことですので感想はいつもにまして信頼性はありません。あしからず。


リャードフからエルガーまで聴いて感じたのは
「名フィルの弦の豊潤な響き」
びっくりしてしまいまた。
個人的には「チェロの音量がだいぶ足らない」とは思うのですが、
全体としての豊潤な響きにホント驚きました。
豊潤な響きは、弦の配置がチェロとヴィオラを入れ替えていたためかもしれません。

ちなみに小生が感じるチェロの音量不足は
いつもいつも感じますので配置のためではないと思ってます。

この日の曲目は全て初耳の曲。
武満もなぜかこの曲はCDを所蔵していませんでした。

リャードフ。いい曲でした。
CD買おうかな、なんて思ってしまいました。
曲もいいし、名フィルも好演だったと思います。

武満。
曲が始まってしばらくは、独奏ヴィオラとオケが分離(音楽的に)しているように感じました。
おやおや?と思ったのですが、
曲が進展するにつれてヴィオラがオケに寄り添ったり離れたり・・・
たゆたうように寄り添いながらの曲でした。

今井信子は抜群に上手い。
今日の演奏では技巧的な上手さの見せ所は全くなかったのですが
でも上手い。まったく上手い。別格本山です。
音楽が表現されている、いやいや「あの音楽」そのものを体現していると感じるのです。
そういう「上手さ」でした。

エルガー。
色とりどりのおせち料理がぎっしり詰められた重箱(ただし一段。しかも品数多し)
料理の全てに「イギリス風味」がかけられていて・・・という曲目。
演奏は大健闘。演奏は大満足でした。
そういえばプログラムにはエキストラ表示がなかったチューバの佐野日出夫さん。
彼は白眉でしたね!ブラヴォ!!(亀さんはどうしたんだろうか?)
曲はおもしろかったですが、なんか聴き疲れてしまいました。
あの混雑がなければ・・・とか、もう20歳若ければ・・・なんて思っちゃいました。
あのイギリスの「響き」は小生好みなんですけれどもね。
そうそう聴いていて「お、ジョンウィリアムスはこんなサウンド盗んだんだ」とか
「ウォルトンもエルガーも一緒だなあ」なんても感じてました。

そんなこんな名フィル定期でした。





この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。