2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日定期の聴取録をあげたばっかりなのになあ・・・
まあサボりまくっていた自業自得なので仕方ありません。
さっそく名フィルのベートーヴェンチクルスの聴取録をアップします。

ごくごく簡単な簡易版で記録します。と書いても簡易版じゃないものはアップしませんけど。

全体として・・・やはり好演でした。良かった。

8番:最初はやや不安定な立ち上がり。
   各セクション・パートのニュアンスが統一感に欠けていたのが原因かな?
   と分析するのはあまり参考にならない小生の耳。
   しかし尻上がりに良くなっていき、終楽章などは秀逸。思わず笑顔。
   特に水無瀬・安土(アシは近敬氏)のHrは抜群に良かった。ブラヴォ!
   フィッシャーも終了後すぐにHrを立たす。当然。
   またクラリネットのトラ氏も存在感を示す。
   
6番:「好演」だったと思います。。。
   ちょっと弱気なのは、小生6番苦手なんですよね。今日はっきりと自覚しました。
   何度聞いても「退屈」しちゃうんです。なぜだろ?
   昔々ニューヨークフィル・メータで聴いたときは
   「ああやっっぱいい曲だなあ」なんて思ったこともあるんだけどな・・・
   そんなわけで詳細はパス。
   でもこの曲では弦の分離がわるいなあ、モコモコするなあなんて感じてしまいました。
   ホールのせいもあるのだろうか?
   クラリネットのトラ氏が抜群でした。いやあ良かったなあ。
   前首席のカーター氏とは全然異なる違う音色なんだけど素晴らしかった。
   ブラヴォ。
   Trbの田中氏。アルトトロンボーンを吹いてました。あの音域はやっぱアルトなんですね。

  終演後、小生の右の方に位置する方からの少々早めの「Bravo」が飛びますと(怒)
  それを皮切りにブラヴォと拍手の嵐。
   

明日は4番・5番です。

   

この記事へコメントする















06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。