2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月28日、名フィル第356回定期演奏会を聴いてきました。

指揮は小泉和裕。

演奏曲目は以下の通り。
ストラヴィンスキー:幻想曲『花火』作品4
プロコフィエフ:交響的協奏曲ホ短調 作品125(チェロ協奏曲第2番)
グラズノフ:交響曲第5番変ロ長調 作品55


チェロ協奏曲のソリストはタチアナ・ヴァシリエヴァさん。

さて聴取の感想を簡単に記します。
簡単にしか記せない・・・と書いた方が正しいでしょうね。
この日の名フィルの演奏、悪くはなかったんですがどうも心に届いてこなかった。
僕にとっては、そんな味わい薄い演奏でした。

ストラヴィンスキーの花火。僕は初めて聴きましたが、とてもおもしろく聴くことが出来ました。
いい曲ですね。開演にはぴったりの華やかな曲。
名フィルの演奏も悪くはありません。

プロコフィエフ。これもまたおもしろい。
チェロのタチアナ・ヴァシリエヴァさんもなかなかの出来。
ストラディバリウスの楽器を使用とのことで、そのためかやや枯淡な印象を受ける音色。

グラズノフも悪くない。これも僕は初聴きだったのですが、とてもおもしろく聴けました。
4楽章ではしっかりと楽譜の通りに演奏は盛り上がっておりました。上出来。
コンマスの日比さん、最後のあたりなんかは統率に大活躍でした。
「良かった。」

どの曲も及第点、不満はないだろうという演奏なのですが、
少なくとも僕にとっては
「ああ良かったね」と感想言っちゃうと、それで終わりになってしまうような演奏でした。

ファゴットソロも良かったし、クラリネットも良かった。
グラズノフのトロンボーン・チューバ・トランペットは配置の妙もありセクションとして良かった。
(トランペット単体をとるといつも通り少々不安定で。不満が残る出来でしたが)
ホルンもこの日は良かった。弦だってしっかりと鳴っていたし。

と、こうやって振り返ってみると「良い演奏」じゃないかと思うのですがね。
でもなんだかイマイチ感が拭い去れない。

良かったし悪くないけど、小さくこぢんまりとまとまりすぎていてやや感動に欠ける。
そんな全体像と記すと一番近いのかな、僕の印象に。

そんな演奏会でした。次回に期待です。




追記
この記事をアップしてからいろいろとネット上の情報を見て回ったら、
金曜日のグラズノフはものすごく良かったそうで(悔)。
ううむ。無念。
今回の定期二日目は燃え尽きたあとの残滓だったのか・・・(泣)

【コンディション】
某所で金曜日は良かった という記事と
土曜日はお疲れ気味だった という記事を読んでいたので
どんなことを書くのかな?と思っていましたが・・・・。
 貴方もお疲れ気味で少々コンディションが良くなかったんじゃないかな と思ったりしました。
フィッシャーの初登場幻想の会をまたまたBS2で放送するみたいなのでまた録画しようと思ってます。翌4日にはドゥメダルも放送があるし・・・両方とも一度撮ったけど消しちゃったのでまた撮ってみようかな?
【】
こんにちは、私も土曜日に行きました。
そしてグラズノフをおおいに楽しみました。

実は定期会員特典で金曜の昼にゲネプロを見学することができ、そこでグラズノフとストラヴィンスキーを聴いたので、その楽しい印象と共に土曜日に聴きに行ったのです。

また、斬新なプログラムのシーズンがこれで終わるという感慨と、その締めくくりにふさわしい終楽章の祝祭気分に嬉しさいっぱいだったので、余計に楽しめたのかもしれません。

更には、集中力を要するプロコフィエフの後だったというのもあります・・・プロコフィエフは入念な予習をして臨んだので、充実感がありました。

小泉さんへの称賛の意味でオケが立たずに拍手を送った場面がありましたが、これは儀礼的にやることではないと思うので、金曜日のほうが良かったとすれば金曜日はかなりの名演だったんだろうと推測します。
だから土曜日が金曜の残滓だったというのは酷な気がしますが、思い入れたっぷりで聴いていた私と、普通モード(でいいのかな?)で聴いていたぜろすのうさんとの違いということなのでしょうね。

充実した今シーズンが終わり、来シーズンが待ち遠しい!
【Re: コンディション】
おぎはらくん、こんちわ。
コメントに返信する前に旅行記あげちゃいました。すまんです。

さて、ずばりそうなのかもしれません。
なにがというと

>  貴方もお疲れ気味で少々コンディションが良くなかったんじゃないかな と思ったりしました。

これですね。
こころとからだは密接につながっていますからねぇ。
ぼくの方に「感動する心」が欠けていた・・・というのが大正解なのかもしれません。
まあ、でもぼくにとって「イマイチ」というのは、自分自身の記録として残しておこうと思います。
グラズノフ、良い曲でしたしね。とっても。4楽章は吹奏楽向きだなあとも感じました。
ほんと演奏効果が高く、この1年の締めくくりとしてはとっても良い選曲であったと思います。
さてフィッシャーのBS2は全部放送するみたいなので
(ピアノコンチェルトも放送されるし)録るべきだと思います。
僕も友人に依頼しました(笑)
【Re: ライオンの昼寝さま】
ライオンの昼寝さん、こんにちは。

グラズノフ、まったく良い曲でしたよね。
名フィルも好演していたと思います。
ですから今回の私の聴取録は、ホントに極私的な印象、ということになるのでしょうか。
たしかに「残滓」というのは書きすぎですよね。反省いたします。
しかし金曜日がもっと良い演奏だったとしたら・・・ほんとに凄かったのだろうなあ!

この日のラインナップを聴いて、ホントにフィッシャーの選曲眼に脱帽しました。
やはり彼は凄い。
4月からの演奏会、体調をしっかりと整えて望みたいと思っております。
お互い、大いに楽しみましょうね!!
この記事へコメントする















09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。