2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにが「ちぇっ」なのか。

鈴木茂が大麻で捕まった。これである。

ちぇっというよりも、あ"~~~、という感じ。
僕、彼のギターも曲も好きなのになあ。
残念、というよりも何とも表現のしようがない感じ。

この感じ、そう、その昔「ポール・マッカートニーとウィングス」が来日したとき
マッカートニーが大麻で逮捕されたという一報を聞いたときの感じに似てる。
でもあのときはチケット持ってたからもっと衝撃は大きかったけど。

一昨日、細野晴臣の後に、実は鈴木茂も聴いたんだ、「砂の女」を。
ああ、やっぱりいいな、なんて感じてたとこだったのにな。。。



本日、ベイヌムをさらに聴く。昨日アップしたCDの続き。
ドビュッシーの「映像」、「春」、「海」の三曲。
「映像」は1948年、「春」は1942年、「海」は1941年の録音。
全然まったく期待をしていなかったのだが、期待を大きく裏切られる。
期待以上の録音の良さ。演奏の良さ。
残念ながらモノラルなのだが、それをおぎなって余りある演奏の出来。
録音状態も戦前のものと考えると、いや戦前のものと考えられないくらいに良い。
演奏も、現代基準で聴いてきわめてノーマルな演奏。コンセルトヘボウも指揮者も凄い。
ベイヌムは若くして死んだそうだが、録音技術が良くなる頃まで長生きしていれば、
おそらく音楽界にもっともっと大きな影響を与えたんだろうなと思う。

いまこのブログを書きながら
1957年録音のジョージ・セル/クリーヴランドのシューマン2番を聴いているが
(GreatConductor10枚組セットのもの)このCDよりよっぽど録音状態が良い。
いやこのCDが状態悪すぎなのかも。
しかし、セルのスコアは何を聴いても独特だなぁ。ふしぎだ。いじってるよなぁ。
演奏自体の出来もベイヌム/コンセルトヘボウの方が良い。
ベイヌム/コンセルトヘボウ色気がある。艶っぽい。
シューマンの2番の後に収録されてる「海」を聴いて思ったぞ。
海は1941年だぞ。昭和16年だ。その頃にこんな演奏してたのか。。。。。絶句。

車中通勤音楽はショスタコの交響曲4番。バルシャイ/ケルン放送響。
名フィル定期でやったような気がするが・・・もしかしたら人生初聴きかも。
この後に5番が作曲されたんだなあ(当然だけど)ということが感じ取れるオーケストレーション。
楽器の使い方、和音の構成、書法などに「予感」がかんじられた。

ううむ。セルはイカンぞ。ベイヌムをもう一度聴いてから寝ることにする。




この記事へコメントする















小坂忠 ほうろう 鈴木茂といえば私にはコレですな. 小坂忠の名作「ほうろう」(1975). この中の1曲 「機関車」を初めて聴いたのは. 坂本龍一が DJ を務めていた NHK FM \"サウンドストリート\". ある晩の放送で. Nick Decaro \"Under the Jamaican Moon\" や ...(続きを... ...
「はっぴいえんど」鈴木容疑者が東京地検入り スポーツニッポン警視庁東京湾岸書は19日、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕したロックバンド「はっぴいえんど」の元ギタリスト鈴木茂容疑者(57)の身柄を東京地検に送った。同署から午前8時50分ごろ移送。 ...
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。