2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無知だなあ、と思うことしきり。
自分にがっかりするんだけど、無知な自分に気づくだけいいか、と気を取り直す。
「無知の知」はPhilosophiaの出発だからね。それに知る喜びもこの年でまだ味わえることだし。

そんなわけで今日、なぜ無知を思い知ったかというと。。。。
メンデルスゾーン「無言歌集 作品62」の3曲目「葬送行進曲」聴いてのこと。
もちろんこの曲をしっかりと聴くのは人生初。
この曲をご存じの方は、もうこの先の展開は手に取るようにわかりますよね。
そうなんです。

「これマーラーだ。五番の冒頭じゃないか。」

そうか、そういうことだったのか、「5番の冒頭は結婚行進曲」の焼き直しではないと得心。

ここで終わってしまった私の無知。
よ~く考えてみるとメンデルスゾーン自身が結婚行進曲を焼き直ししてこの曲書いてる。
それにマーラーがインスピレーション受けてる・・・そこまで頭が回らなかった。阿呆だなあ。

さて聴いているのはバレンボエムが弾いてるピアノ。
「DECCA」の「PianoMasterworks」という50枚組の全集ものの中の一枚。
聴きながら、バレンボエム指揮振らないでピアノ弾いてればいいのに・・・なんて思ってしまう。


話は変わりますが昨日とってもおもしろいテレビ番組を観ました。
僕のツボにドカンとはまる内容。
「題名のない音楽会」で佐渡裕と金聖響と沼尻竜典と宮本文昭が
ベートーヴェンの5番のスコアを手にしながら「指揮者・指揮法・解釈」談義をしていたのです。
いやあおもしろかった。内容もおもしろかったし、出演者それぞれのキャラクターもおもしろかった。
こんな内容をもっとやってくれないかな。

この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。