2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリ・ブーランジェを聴く。シャンドス30周年記念ボックス30枚組の3枚目。

まったく初めて聴く1作曲家なんで、ちょいと予習を。

ナディアブーランジェの妹。病弱で25歳で亡くなる。天才。神童。
ローマ大賞を女性初で19歳で受賞。知的で美しい人。その眼には意志が感じられる。
000000000025141-1.jpg
「自然と動物を愛し、敬虔なカトリックの信仰をもっていた」とのこと。


予習終わり。さて聴くぞ。まずは「詩篇24番(Psaume 24)」から

うひゃー!!!

顔立ちとまったく違う音が鳴るじゃないか!
むちゃくちゃ力強い。ものすごくシンフォニック。重厚であり堅牢、ガチッとした構成。
管楽器の響かせ方なんかがオネゲルに似た感じだ。いやオネゲルが彼女に影響を受けたのか。
そして美しい旋律も随所に出現。なんなんだ、この作曲家は。

と、1曲聴いただけでノックアウト。
二曲目の「ファウストとヘレネ」へ。

いやあ、こいつもスゴい。
これがローマ大賞受賞曲か。納得。
これを書いたのが19歳?20歳?か。この年齢でこんな音楽が書けるとは・・・・・

しかしまったく予想と違うじゃないか。なんてことだ。
いままでこの作曲家を知らなかったことは、罪だな。いままで知らなくて損した感じだ。
人生無駄に過ごした、と言っても言い過ぎじゃあない。
このCD1枚を聞けたことでシャンドス30周年記念ボックを買って得した気分。
いやホントに。すごいなぁブーランジェ。
なんで25歳で、いや25歳にもならずにこんな音楽書けるんだ。
で、なんでそんなに早く逝っちゃったの・・・・


さっきネット上を探索したら、このCDの演奏はまだまだ「並」でもっと良い演奏があるとのこと。
ううむ。食指が動くが、先立つものがなぁ・・・無念だ。

しかし、いつもながらの月並みな言葉しか出ないけど、もうホントにやられちゃった一枚。
作曲家にやられたのは久しぶりだなあ。

【マルケヴィッチ盤を手に入れました】
シャンドスでこの作曲家の音楽が気に入ったんで、つとに決定盤の評価が高いマルケヴィッチを探していました。でも日本ではどこを探してもなかった。ところがアメリカにはありました。Amazon.comに普通に売っています。送料込みで2000円くらいですかね。デリバリーに2-3週間はかかるとのことで首を長くしています。
【Re: マルケヴィッチ盤を手に入れました】
はじめましてgkrsnamaさん。コメントありがとうございます。

そうですか、マルケヴィッチ盤を手に入れられましたか、羨ましい。
お聴きの後の感想、またお聞かせ下さい。楽しみにしております。

小生はシャンドスの後Mark Stringer盤を購入し愛聴しておりました。
この盤も確かアメリカアマゾンかUKアマゾンで買ったんじゃなかったかなあ、なんて記憶しています。

しかしリリ=ブーランジェは良いですよねえ。
もっと評価されてしかるべきと思うのですが、いかがでしょうか。

> シャンドスでこの作曲家の音楽が気に入ったんで、つとに決定盤の評価が高いマルケヴィッチを探していました。でも日本ではどこを探してもなかった。ところがアメリカにはありました。Amazon.comに普通に売っています。送料込みで2000円くらいですかね。デリバリーに2-3週間はかかるとのことで首を長くしています。
この記事へコメントする















03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。