2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日抜歯。誘われていた宴会を断り、当然自宅でも酒を飲まず、とっとと寝る。
睡眠のBGMはベートーヴェン1番2番。インマゼール。

午前、そのついででベートーヴェン3番を聴く。アドレナリン噴出。古楽もまた良し。
古楽すべてに万歳ではないけれど、古楽ゆえに表出されるその直截さに快感。
3番と同じCDに収録されているエグモント序曲。これがまた秀逸。
こんな香しささえ感じられるエグモントは初体験。正義感とそれが醸し出すある種のかぐわしさ。
そんなことまでベートーヴェンは音で表現していたのか、と驚愕。これも古楽ならでは。

午後、所蔵CDを整理する。
「こんなCD買ったけな?」とか「このCDこんなとこにあったのか!」が続出。頭痛がする。
僕はホントにだらしない。

と、いうわけで「このCDこんなとこにあったのか!」からハーブ・アルパートを引っ張り出して聴く。
HERB ALPERTが正しい。ハーブです。ハープではありません。アルパートです。アルバートは×。
彼のチープなトランペットの音がいい。アメリカ西海岸メキシコもろのサウンドがいい。泣ける。素敵。
中学1年のころ、彼の音を聞いて「この人はトランペットを、息を吸ってならしてる」とマジメに思った。
そのCDは「明日に向かって撃て」のオリジナルサウンドトラック。
その頃はバートバカラックもハーブアルパートも知らなかったけど。

今聴いてるのはこのCD↓

icon
icon
残念ながら「オールナイトニッポン」のオープニングテーマの「ビタースィートサンバ」は未収録。
でも「FANDANGO」も「RISE」も、「ディス・ガイ(This guy's in love with you)」も収録されている。
「So what's new?」も「What now my love」もいい。

でもやっぱり「ディス・ガイ」がいい。ホントにいい。
ハーブ・アルパートのへたくそな歌が実にいい。バカラックの曲もいい。
が、なんたってHal Davidの歌詞が抜群にいい。
そんなわけで歌詞をのせる。出典は「Eigo21」。お借りいたしました。
(http://www.eigo21.com/index.shtml)
(なお転載にあたっての全ての責任は私ぜろすのうにあります。)
HAL DAVIDの詞をご堪能あれ。

You see this guy
This guy's in love with you
ほら目の前のこの男 
こいつ君に惚れてるんだ

Yes I'm in love
Who looks at you the way I do
そう,惚れてるんだ
こんな風に君を見ているこの俺がね

When you smile
I can tell we know each other very well
君が微笑むと
二人はいい知り合いだってのはわかるけど

How can I show you
I'm glad
I got to know you
どうしたらわかってもらえるかな 
君と知り合えて
よかったってことを

'Cause 
というのは

I've heard some talk
They say you think I'm fine
噂で聞いたけど君って俺のこと
「いい人ね」くらいにしか思っていないだってね

Yes I'm in love
And what I do to make you mine
そう,惚れてんだ
で,君を俺のものにするのにどうしたらいいか

Tell me now, is it so
Don't let me be the last to know
教えてくれよ,な 
知らないのは俺だけだなんてゴメンだよ

My hands are shaking
Don't let my heart be breaking
手が震えてる 
いつもふられ役なんてゴメンだよ

'Cause
というのは

I need your love
I want your love
Say you're in love, in love
With this guy
君の愛が必要だから 
君の愛がほしいから
君も好きだって言ってくれ
この男のことが好きだって

If not I'll just die
さもないと? 死ぬだけさ


(Trumpet interlude)


Tell me now, is it so
Don't let me be the last to know
教えてくれよ,な 
知らないのは俺だけだなんてゴメンだよ

My hands are shaking
Don't let my heart be breaking
手が震えてる 
いつもふられ役なんてゴメンだよ

'Cause
というのは

I need your love
I want your love
Say you're in love, in love
With this guy
君の愛が必要だから 
君の愛がほしいから
君も好きだって言ってくれ
この男のことが好きだって

If not I'll just die
さもないと? 死ぬだけさ

訳: HideS

【】
いいペースで更新なによりです。
このCDは私も懐古主義になったときチャックマンジョーネと
Mファーガソンと共に買いました。
お気に入りは ルート101かな・・で次にファンダンゴ・・いい流れ
で、次にライズが始まると2年のダンパ後の緊急役員会で
M田先輩にものすごく怒られたことを思い出すという微妙なCDです・・・・・・ライズが流れると頭の中でトコちゃん先輩が踊ってる・・
【遅レスすいません】
> いいペースで更新なによりです。

物事を続ける能力皆無の私がどこまでできるか、現在自分の限界に挑戦中です。

さて懐かしいですね、ダンパという響き。
そんな時代もありましたねえ。
実は私、あんまり細かな記憶無いんですよ、ダンパの。
積極的に関わってなかったからかなぁ。学祭は科の奴らと遊んでいたからかなぁ。
でも「RISE」や「青い影」を聴くと、あの頃の空気感がまざまざとよみがえりますね。

そうそう、時々無性にメイナード・ファーガソンのStar Trekのテーマが聴きたくなります。
これって刷り込みなんでしょうかね(笑)
「サンチェスの子どもたち」はあまり聴きたいとは思わないから不思議です。


・・・・でもいまアマゾンみたら、録音が抜群ってレビューがあるな。買おうかな。
「Feel so good」もついでに・・・


> このCDは私も懐古主義になったときチャックマンジョーネと
> Mファーガソンと共に買いました。
> お気に入りは ルート101かな・・で次にファンダンゴ・・いい流れ
> で、次にライズが始まると2年のダンパ後の緊急役員会で
> M田先輩にものすごく怒られたことを思い出すという微妙なCDです・・・・・・ライズが流れると頭の中でトコちゃん先輩が踊ってる・・
この記事へコメントする















06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。