2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日本人登記をする第一弾として
法務局に下書きした登記書類を持って行き
「登記相談」という事をしてきました。

要は「チェック」をしてもらってきたわけです。

住居を新築いたしますと
「表示登記」「所有権保存登記」の二つの登記が必要です。
「表示登記」とは
「建物を新築した場合や、登記簿の存在していない建物の登記簿を作成する場合に行う」
ものだそうです。
「所有権保存登記」はそのものズバリですね。
「この家は僕のモノです」という所有権を確定する登記です。

この二つの登記ですが、
まずは「表示登記」をおこなって「かくかくしかじかな建物がどこそこに存在すること」を確定し、
その次に「所有権保存登記」で
「どこそこに存在する、かくかくしかじかな建物が誰のモノか」を確定するわけですね。

今日僕は一発目に必要な「表示登記」の確認に行ってまいりました。
およそ半年前から諸先達の方々のHPやblog、書籍などを利用して下調べをし
満を持して「登記相談」いったわけなのです。

さて登記ですがを「しかるべき専門家」へ作成を依頼すると・・・
なんと「10~20万」くらいの費用がかかります。
自分でやると・・・表示登記は0円。
保存登記も含めるとその1/10から1/20位ですみます・・・・

さあ、みなさんも本人登記をがんばってみませんか!

「僕の場合の詳細」は後に記すことにして
僕が参考にさせていただいた「先達の皆さん」をご紹介させていただきます。

「本人登記にチャレンジ」
・・・本人登記のタイムスケジュールから注意点に至るまで実に懇切丁寧な内容のHPです。

「自分でできる不動産登記」・・・これも詳細な、実に懇切丁寧な内容のHP。

HydeさんのHPも参考になります!

はじめたろうさんのHPも参考にさせていただきました。

このほかにのこんなサイトこんなHP、はたまたこんなページなどいろいろと勉強させていただきました。
本当にありがとうございました。

さて登記相談ですが、一応全ての書類を作成し、持参して目を通してもらいました。
私が行った法務局の支局には、その日二人の相談員がおりました。
両方共に先客がおりましたので番号札をとって待つこと10分。
いよいよ私の番です。

さて今回作って持参した書類は
☆申請書(A4一枚)
☆各階平面図・建物図面(B4一枚・所定の様式あり)
☆所有権証明書(建築確認申請書・完了済証・・・単にコピーして持って行きました)
☆申述書(建築確認申請の依頼人と申請書の名義が違うので・・・
確認申請は私一人の名義、今回の表示登記は妻との連名で行うので必要でした)

それぞれ確認してもらい、訂正箇所を指摘してもらいました。
訂正箇所は申請書で一箇所「葺き→ふき」、申述書の言葉使いで一箇所。
あとは「道路地図を添付しといた方が良いですね。そしたら申請書にもその旨記しておいてください」てな事とコピーの仕方、割り印の押し方などを教えていただきました。

所領時間は30分くらいでしたか。
なんだか楽しかったですよ・・・


本人登記、続きはこちら

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。