2010 / 11
≪ 2010 / 10 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2010 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つい今し方東海テレビでやっていた「愛工大名電高 吹奏楽部密着半年間」(?)みたいな番組を見る。

うわあ凄いなあ、という感想。

もともと上手な子ども達が愛知県中から集まってくるのに、その子ども達があんなに必死に練習してる。
こりゃ上手になるわけだ。

いろいろと考えさせられること多し。

ちょいとおいらも頑張らなきゃな、いろんな意味で。なんて思ってしまいました。
スポンサーサイト

行ってまいりました、名フィル定期。今回の演奏プログラムは以下の通り。

名古屋フィルハーモニー交響楽団第374回定期演奏会 サンクトペテルブルク

2010年11月13日(土)16:00開演    会場:愛知県芸術劇場コンサートホール

指揮:井上道義

曲目: ベートーヴェン   序曲『コリオラン』作品62
    ショスタコーヴィチ 交響曲第7番ハ長調 作品60『レニングラード』



恒例ながら小生の「タコ耳聴取録」を書かせていただきます。

この演奏を聴いての夜(つまり先ほどなんですが)友人にこんなメールおくりました。
「今日の演奏は名フィルの新境地。小生こんなに素晴らしいtp-trb-tubのサウンドを聴いたのはマゼール・ピッツバーグ新世界2楽章以来。貴君はギリギリ今年、定期会員になって名フィルをフォローしてホントに良かったかもしれない」

小生ショスタコも、コリオランも曲の内容については語るべき資質を持っておりません。
よってサウンドのみの印象のみを簡単に記します。


コリオラン。おおっフィッシャーにつながる系譜。マエストロ井上氏の本拠OEKのような刈り込んだ編成で筋肉質のベートーヴェンを聴かせてくれました。名フィルも好演。
マエストロ井上氏は指揮台・指揮譜面代を使わず。これはOEK流なのか?


ショスタコ:これが名フィルのサウンドか?!と感じ仰け反ってしまうほどシャープかつ力強く均整とれた美しい響き。
特に金管のトランペット・トロンボーン・チューバのラインが大秀逸。

いやいやクラもバスクラもファゴット1番とコントラファゴットも、オーボエも、フルートもホルンも皆秀逸。
ミックスされたサウンドも絶品。

いやいや管楽器だけじゃない、中低弦をはじめとした弦セクもよく鳴っていた。

いやいやヴァイオリンだって豊かな響きであったじゃないの。

いやいやこんな響きを書くショスタコーヴィッチのスコアが凄いのか。

いやいや名フィルからこんな響きを導いたマエストロ井上氏が一番凄なのだろうか。
こまかく練習をやっていたそうだし。

いやいや前回のマエストロ井上氏の時は「まるで粗かった印象のサウンド」。
マエストロ井上氏の要求に応えられるほど技量・音楽性が向上した名フィルの手柄ということか。


さて小生、この日のショスタコ4楽章を聴きながら芥川也寸志氏の作品を思い浮かべ、芥川氏の作品はもろにショスタコーヴィッチの系譜に連なるなあなんて、どうでもいいことも感じておりました。


しかし今日は絶品。
そろそろ今日のような演奏や前回定期のあたりの水準を名フィルの平均値として認識しなければならないようですね。良い音楽を聴きたい聴衆の一人としては至極幸福!と感じた次第です。




今夏、兵庫までキャンディードを観に行ったからなのか、以来小生の中ではバーンスタインづいている。

そもそも小生、クラシックはバーンスタインから入った口で、そう考えると原点回帰なのか?
まあ鮭が回遊の終わりに生まれ故郷に帰って産卵して一生を終える・・なんてことを考えると小生のクラシック有業も終わりに近づいているのか(笑)なんて考えないこともない。

さてバーンスタインである。
友人にコープランドやらアイヴスのCDを貸した際、久しぶりに聴いてみたらなんだかしっくりと来るものがあった。おっこのいかにもアメリカというサウンドとオーケストレーション。もちろん演奏はバーンスタイン盤。

そうしたらなんだか彼の音楽、作曲した作品が無性に聴きたくなり、手持ちのCDを探す。
ところが・・・あるはずのバーンスタイン自作自演5枚組CDがない。CBSのやや古い録音の自作自演集を持っていたはずなのだが見あたらない。うわあまたやっちまった・・・と自戒。どうやらなくしてしまったようである。CDなぞ無くなるはずもないのだがどういうわけか無くしてしまうのである。だらしない小生はこんなことばかりである。倒れそうである。しかし今までの50年近い人生で何度も倒れたのだがこの性癖は改まらない。よってますます倒れる小生である。う~~~~ん orz 

しょうがないので入手しようと試みるが、件のCD全集はもうどこにも存在しないではないか。( ̄0 ̄)がちょーん。

しょうがないので次善の策を考えるが、古い録音はどこにもなさげ・・・だが、よ~~く探してみると、あった、あった。オリジナルジャケットの10枚組自作自演集。価格はなんと7515円!最安値でも5609円+送料340円の6000円!!少々高い。またしても orz

しようがないので他国を覗いてみる。なんたって円高だからね。
するとアメリカアマゾンにて40.06ドルのモノを発見。送料は8ドル弱。
しめて50ドル弱なので日本円で4000円ほどである。おもわず「ポチ」っとしてしまった。

で届いたのがこちら。
bernsteinoriginal.jpg

このCDも1年くらい前にはHMVで2500円くらいの捨て値で出ていたみたいだが、しょうがない。

以前持っていたはずの全集、なくさなければ不必要な出費もしなくて済んだはずと後悔しきり・・・と思ったが、なんとよく見たらこの全集、持っていたはずの全集になかった録音・曲が多数含まれていた。よってこの後悔は取り消し。

早速聴いてみると、これがまた良いんだなあ。今度はなくさないようにしなければ(って当たり前 (^_^;)

さて明日は名フィルである。名フィル定期は今日からであるが、小生は明日の会員。
楽しみである。



10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。