2009 / 10
≪ 2009 / 09 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2009 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ禁断の領域へ突入。と書いても何のことはない。
このブログのジャンルに「政治経済」を加えただけのこと。
ただそれだけである。

そんなわけで早速そんなハナシをば。


米高官「最も厄介なのは中国ではなく日本」 米紙報道 (asahi.com 2009年10月23日)
【ワシントン=伊藤宏】米紙ワシントン・ポストは22日付の1面で、米軍普天間飛行場の移設問題をはじめとする鳩山政権の日米同盟への対応について、米国務省高官が「いま最も厄介なのは中国ではなく日本」と述べたと伝えた。日米関係について米主要紙が1面で報じること自体が少ないだけに、米の懸念の強さが浮き彫りになった。

 ポスト紙は、訪日したゲーツ国防長官が日本側に強い警告を発したのは、日本が米国との同盟を見直し、アジアに軸足を置こうとしていることへの米政府内の懸念のあらわれと指摘。米政権がパキスタンやアフガニスタン、イラン、北朝鮮などへの対処に苦しんでいる時、普天間飛行場移設問題などで「アジアで最も親密な同盟国との間に、新たに厄介な問題を抱え込んだ」とした。国務省高官は、鳩山政権や民主党が政権運営の経験に乏しいうえ、官僚組織への依存から脱却しようとしていることが背景にあると語ったという。


これは朝日の記事である。
読売では

「最もやっかいな国は日本」鳩山政権に米懸念

 【ワシントン=小川聡】22日付の米紙ワシントン・ポストは、鳩山政権が米海兵隊普天間飛行場の移設計画見直しなど「日米同盟の再定義」に動いていることに、米政府が神経をとがらせている、とする記事を1面で掲載。

国務省高官の「今や、最もやっかいな国は中国でなく日本だ」という発言を伝えた。

 記事は、オバマ政権がパキスタンやアフガニスタン、イラクなど多くの課題をかかえており、「アジアの最も緊密な同盟国とのトラブルは、事態をさらに複雑にする」という米側の事情を紹介した。

 鳩山政権については、「新しい与党(民主党)は経験不足なのに、これまで舞台裏で国を運営してきた官僚でなく政治家主導でやろうとしている」とする同高官の分析を示した。さらに、民主党の政治家たちが「米国は、今や我々が与党であることを認識すべきだ」(犬塚直史参院議員)などと、米国に公然と反論するようになった風潮も伝えた


どちらも、単なるワシントンポストの紹介記事なのだが、
ここで、ふ、と疑問に思ったのだ。
この記事は何を目的として掲載されたのだろうか、と。

「うっわ、だから言わんことじゃない。アメリカを怒らしちゃったじゃんか。早く何とかしなきゃ」

言外にこんなことを言ってないか?
今に始まったことではないし、今更ながらの話題なのだが
これってアメリカのご機嫌伺い・提灯持ちの記事じゃないの?
ひねくれ者の小生には、どうもそうとしか読めないのである。
この立ち位置ってどうなのよ。と小生は思うのである。
やっぱ日本はあれですか、植民地ですかアメリカ様の?
だからメディアは先棒担いで、アメリカ様のご機嫌伺いをして
世論を正しい方向、アメリカ様の意向に沿うよう導こうとしていらっしゃるのか。

そんなことを確信したわけである。もう何百回何千回目の確信かは忘れたが。


さてさて小生の個人的注目は読売記事中の赤字部分。
「米国に公然と反論するようになった風潮も伝えた」って事は、
今までは唯々諾々とアメリカに従っていたということだ。いやあ素晴らしい事実だ。
日本の国益も考えず、アメリカ様に「反論などすることもなく」従っていたわけだねえ。

もしかしたら読売は、これを伝えたくてこんな提灯記事を書いたのか。
だとしたら恐るべし(笑)

しかしアメリカ高官からこんな言葉が出るなんて興味深い。
で、あたってみましたワシントンポスト紙。

おそらく読売の記事は以下の部分を受けて書いたのではないだろうか。

"I have never seen this in 30 years," Calder said. "I haven't heard Japanese talking back to American diplomats that often, especially not publicly. The Americans usually say, 'We have a deal,' and the Japanese respond, 'Ah soo desu ka,' -- we have a deal -- and it's over. This is new."

文中のCalderとはKent Calder氏である。
彼がどんな人物かというと

ジョンズ・ホプキンス大学国際高等問題研究大学院(米国・ワシントンD.C)
日本学部学部長・教授 / ライシャワー東アジア研究所所長

1983 米国プリンストン大学助教授
1989-03 同大学教授兼日米研究所所長 その間下記役職を兼任
1989-93 ワシントンDC国際戦略問題研究所(CSIS)日本担当部長
1996-97 米国国務省東アジア次官補主任顧問
1997-01 駐日米国大使館 大使特別補佐官としてモンデール、フォーリー、ベーカー各駐日米国大使を補佐


日本の政治の内部を知悉した、アメリカ合衆国のバリバリの「知日派」というところ。
その彼が発言しているのだから、とっても興味深い。

ちなみに、この前段にはこんな記事があるので、
Kent Calderはこのやりとりを指して述べているんだろう。

Then, at a seminar in Washington on Oct. 14, Kuniko Tanioka, a DPJ member in the upper house, went head-to-head with Kevin Maher, director of the State Department's Office of Japan Affairs, over the Futenma Air Station deal. Maher said the deal concerning the Marine Corps base had been completed. Tanioka said the negotiations lacked transparency.

Maher noted that a senior DPJ official had agreed that the deal must go through, at which point Tanioka snapped back, "I'm smarter than he is."


ここでやり合ってるのは谷岡郁子氏。やるな、中京女子大学長!
スポンサーサイト

近頃よく見るようになったコスモス畑。

kosumosu.jpg

いつの頃からかな、こんなにたくさん植えるようになったのは。
通勤途上にあるこのコスモス畑。ちょっと盛りは過ぎてしまったか。


青空にコスモス。

陳腐だけども「秋桜」が聴きたくなる。
さだまさし、よりも山口百恵かな個人的には。

愁いを感じさせる少し低めの彼女の声が、
やがて冬を迎えるこの季節によくにあってる。

秋桜を聴くと、というより山口百恵を聴くとある女性のことを思い出す。
彼女は元気で暮らしているだろうか。



買ってからしばらく寝かせておいた本を今日から読み始めた。

okinawasenngosi_.jpg

「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史」(佐野眞一)

エンターテイメントな書き手だけあって、おもしろく、すいすい読める。

ついでに。
ハワード・ジンの「民衆のアメリカ史 」。
いつまでたっても読み切れない。
学生時代に出会って、その時にテキトー読みしかしてないからな。
かれこれ25年も格闘していることになる。自分でも呆れる。
一人読書合宿をしないといけないかなあ・・・

帰宅後入浴し、NHKにて「爆笑問題のニッポンの教養」を視聴。
今回の学者は東大の日本近代史専攻の加藤陽子氏。
テーマは「戦争はつくられる」
なかなか面白く拝見したが、
学者氏が爆笑問題二人に対して「アメリカナイズ的に受け身」が過ぎて
あれじゃあ問題意識が明確化しないわな、と一人毒づく。

その後チャンネルサーフィンをし
NHKハイビジョンでにて「小曽根真のミュージック・ラボ オスカー・ピーターソン」
ご機嫌に視聴。

テレビを見ながらの晩酌は
ワイナリー和泉屋にてケース買いの
「ヴィッラ・デ・オントゥル・シラー・クリアンサ・オレンジ 2005」。
ケース買いしたので1本は600円強だったように記憶。
こいつを半分弱飲む。ご機嫌。

つまみには、なぜか100円で販売していた「フィラデルフィアクリームチーズ6P」。
こいつに自家製紅玉ジャムを塗ったもの。超美味。

ブログを書きながら聴くはビル・エヴンズの「Waltz for Debby」

ご機嫌な夜は更けていく。

録画を見て確認をしたわけではないのですが、こんな情報がありました。

臨時時国会での鳩山首相の所信表明演説にて。

青森に遊説に行った際、息子が職に就けず自殺した年配の女性が、
絶望の中で握手した手を離さなかったというエピソードを述べた際に
 
自民党の議員から
「そんなものどこにでもいるよ!」というヤジ
が飛んだそうです。

鳩山首相の演説全文にあたると、該当箇所はこんな内容でした。

「青森県に遊説に参った際、大勢の方々と握手させていただいた中で、
私の手を離そうとしない、1人のおばあさんがいらっしゃいました。
息子さんが職に就けず、自らの命を断つしか道がなかった、
その悲しみを、そのおばあさんは私に対して切々と訴えられたのです。
毎年3万人以上の方々の命が、絶望の中で断たれているのに、
私も含め、政治にはその実感が乏しかったのではないか。
おばあさんのその手の感触。その目の中の悲しみ。
私には忘れることができませんし、断じて忘れてはならない。

社会の中に自らのささやかな「居場所」すら見つけることができず、
命を断つ人が後を絶たない、しかも政治も行政もそのことに全く鈍感になっている、
そのことの異常を正し、
支え合いという日本の伝統を現代にふさわしい形で立て直すことが、私の第一の任務です。」



この野次が事実だとしましょう。

いくら「政敵」の演説とはいえ「そんなのどこでもいるよ」と野次ることのできる内容なのか。
思わず自民党政治の「本音」がでたのか。

この野次を飛ばした議員は誰だ?



09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。