2009 / 03
≪ 2009 / 02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2009 / 04 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月28日、名フィル第356回定期演奏会を聴いてきました。

指揮は小泉和裕。

演奏曲目は以下の通り。
ストラヴィンスキー:幻想曲『花火』作品4
プロコフィエフ:交響的協奏曲ホ短調 作品125(チェロ協奏曲第2番)
グラズノフ:交響曲第5番変ロ長調 作品55


チェロ協奏曲のソリストはタチアナ・ヴァシリエヴァさん。

さて聴取の感想を簡単に記します。
簡単にしか記せない・・・と書いた方が正しいでしょうね。
この日の名フィルの演奏、悪くはなかったんですがどうも心に届いてこなかった。
僕にとっては、そんな味わい薄い演奏でした。

ストラヴィンスキーの花火。僕は初めて聴きましたが、とてもおもしろく聴くことが出来ました。
いい曲ですね。開演にはぴったりの華やかな曲。
名フィルの演奏も悪くはありません。

プロコフィエフ。これもまたおもしろい。
チェロのタチアナ・ヴァシリエヴァさんもなかなかの出来。
ストラディバリウスの楽器を使用とのことで、そのためかやや枯淡な印象を受ける音色。

グラズノフも悪くない。これも僕は初聴きだったのですが、とてもおもしろく聴けました。
4楽章ではしっかりと楽譜の通りに演奏は盛り上がっておりました。上出来。
コンマスの日比さん、最後のあたりなんかは統率に大活躍でした。
「良かった。」

どの曲も及第点、不満はないだろうという演奏なのですが、
少なくとも僕にとっては
「ああ良かったね」と感想言っちゃうと、それで終わりになってしまうような演奏でした。

ファゴットソロも良かったし、クラリネットも良かった。
グラズノフのトロンボーン・チューバ・トランペットは配置の妙もありセクションとして良かった。
(トランペット単体をとるといつも通り少々不安定で。不満が残る出来でしたが)
ホルンもこの日は良かった。弦だってしっかりと鳴っていたし。

と、こうやって振り返ってみると「良い演奏」じゃないかと思うのですがね。
でもなんだかイマイチ感が拭い去れない。

良かったし悪くないけど、小さくこぢんまりとまとまりすぎていてやや感動に欠ける。
そんな全体像と記すと一番近いのかな、僕の印象に。

そんな演奏会でした。次回に期待です。




追記
この記事をアップしてからいろいろとネット上の情報を見て回ったら、
金曜日のグラズノフはものすごく良かったそうで(悔)。
ううむ。無念。
今回の定期二日目は燃え尽きたあとの残滓だったのか・・・(泣)
スポンサーサイト

24日にアップする予定だった南国旅行記。
ところが旅行から帰宅すると職場では怒濤の仕事が待っていた。
毎日へろへろになり、帰宅するとバタンキュウの日々。
おまけに一昨日から昨日にかけては職場に泊まり込み。いわゆる宿直業務ですね。
ようやく今日になってブログアップする余裕が生まれました。。。


さて旅行記を。

南国沖縄に二泊三日のリフレッシュ旅行。
もう20年も貯め続けたAmexのポイントをJALのマイルに換えたのが昨年。
マイルの有効期限は3年間なので使ってしまおう第1弾ということで選んだのが沖縄。
幸い永年勤続記念で旅行券をもらったのでそいつをホテル代に充当。
そんなわけで「あご・あし・まくら」のうちで「あし・まくら」はロハで行ってきました。

第1日目。
昼前に到着し、レンタカーを借りホテルへ。
昼食はA&Wでハンバーガー。
前回沖縄を訪れたときはA&Wに行き損ねてたので雪辱戦ということでここへ。
普段ファストフードはほとんど行かないのですが、僕の印象としてはマックよりも美味。
しかもルートビアがおかわりし放題。まあルートビアについては好き好きがあるでしょうが。

食事の後、ホテルへの行きがけに「儀保まんじゅう」へ立ち寄りまんじゅうを購入。
gibomann.jpg
蒸しまんじゅうです。中はわりとジューシーなこしあん。
赤い「の」の文字は買ってから書いてくれる。
包んでいる葉っぱは「月桃」の葉。とても良い香りがする。
ホテルに到着し、まんじゅうを食べて、しばし昼寝。


昼寝後、料理教室に向かうべく牧志へ出発。
この料理教室、1回完結のシングルコースで琉球料理を習うことが出来る。
おおっこれはいいなあ、ということで出発前に予約しておりました。

牧志へ「ゆいレール」で。
yuirail.jpg
那覇に来たら絶対に乗ろうと決めていたもの。
モノレールですので、中は広く、新しいこともありとてもきれいな車両でした。
首里から牧志は230円也。
kippu.jpg
牧志へ到着し、国際通りへ。
実は小生、国際通りは初めて。興味津々で歩きます。
目指すは「てんぶす那覇」という建物。早々に見つかり、中を探検。
料理教室が開かれる3階を探索し、興味本位で4階へ。
すると4階のホールでは
「NHK-FM」の公開生放送「サタデーホットリクエスト」の収録を行っているではありませんか。
入り口の係の人に
「入れますか?」と聞いたら「入場券ありますか?」
「無いんです」しばし黙考の後「いいですよ、どうぞ」
そんなわけで見てきました。
FM.jpg
「Glean Piece」というデュオのライブの直前に入り、終了したところ(18:30くらいかな)まで楽しみました。
「生」杏子、「生」AKINAもみました。
AKINAさん沖縄出身ということで親御さんも来ておりました。似ていたなぁ。
さっきサタデーホットリクエストのHPみたら、
僕たちが退出したにゲスト全員と会場とで「星のかけらを探しに行こう」を歌ってるじゃありませんか。
無念だ~!!。私この歌好きなんだ。。。。。

さて会場を出た後にちょいと国際通りを探検。
「塩屋」さん(まーすやー)があってついふらふらと中へ入ってしまう。
そしたらいろいろな種類の塩が置いてあり(なんと120種もあるそうだ)
いろいろと味見して堪能してたらあっという間に料理教室の開始時間がせまり
慌てて飛び出し再び「てんぶす那覇」へ。

料理教室、「ヨンナーフードクッキングスタジオ」いう名称。
「嘉陽 かずみ」さんというとってもチャーミングな方がやっていらっしゃる。
この日のレッスンメニューは「味噌ラフテー」と「ゾーイソーメン」。
講習費用は材料費込みで一人3000円。とてもお値打ち。
基本的に4名以上でないと開催しないとのことでしたが、
私たちの回は3名で開催してくれました。
私たちの他のもう一人は地元の常連さんらしく、
もしかすると講師の先生が開催するべくその方にお声をかけていただいたんじゃないかな、なんて
そんな気配がいたしました。
そう思ってしまうようなとっても心配りが行き届いた素敵な先生。
講習内容も単に調理方法だけでなく
料理の背景や琉球料理・風習など様々なお話を伺うこともできとっても充実した内容。
あまりに充実、そして調理に没頭しすぎて写真撮るの忘れたくらい(無念)。
作り上げた料理もとても美味しかった。
もっといろいろと書きたい内容もあるのですが、HPを見ていただくことにしましょう。
ヨンナーフードクッキングスタジオのHPはこちら。http://www.yonnerfood.jp/


この後国際通りの「ヘリオスパブ」へ行き地ビールを堪能。
ヘリオス酒造は泡盛の蔵元だけど、地ビールも醸造。
ここで「ラガー」「ヴァイツェン」「ゴーヤ」を飲む。
「ラガー」はなんか独特の匂いがあり変わった味わい。
「ヴァイツェン」はふつうのヴァイツェン。
一番美味かったのは「ゴーヤ」。とっても爽やかな味わい。軽やか。
沖縄の湿度にとってもマッチしてる味わい。
ビールを飲みながら海ぶどうとジーマーミ豆腐を食す。
heriosu.jpg


ヘリオスで地ビール堪能後、路線バスに乗ってホテルへ戻り、バタンキュウ。

長くなってしまいましたね。続きはまた明日以降に。
本日は名フィルですし、明日一気に二本アップできるか!というところなのですが、
今日名フィルの後にお泊まり宴会だからなぁ。。。。明日アップできるか微妙ではあります。
それではそんなところで。


「いい日旅立ち」のイメージは北帰行だけど、明日から僕は南国へ。
命の洗濯、ちょっとした逃避行。
よってこのブログの次回の更新は24日となる。。。。のかな。
その際には南国旅行記の報告なども。

この時期、そう年度替わりのこの時期に、どういうわけか読みたくなるのが「ソフィーの世界」。
自分の商売にわりと直接結びつく、ということもあるんだけど
自分自身の立ち位置の確認のためにという部分が大きいんだろうなあ。

少年少女向けの「哲学紹介」の本を読んで
不惑を過ぎたおじさんが自分の立ち位置を確認するなんてまったくおかしな話しだけど、
この本に書かれてある様々な哲学者の話から自分が何を感じるか、何を読み取るか。
それが僕の立ち位置の確認作業だったりする。
で、心惹かれるのはいつも「実存主義」。
おそらく実存主義にたどり着くまでを確認するために「ソフィーの世界」読みたくなるんだと思う。
そして「ソフィーの世界」の核心である実存主義を、自分自身でもう一度再認識するために。

さあ読み直すぞ「ソフィーの世界」。





先日のブログの続き。

鰻屋の井筒屋の斜め前に「久保酒店」という酒屋があった。
井筒屋に11時の予約をしてあったのだが、30分も前に到着したので時間潰しに入店。

入ってみてびっくり。
日本酒の品揃えが豊富な冷蔵庫がまず眼に入る。
ジロジロと眺めてみると「宮坂醸造」(真澄の蔵元)の「みやさか」が揃えてある。おおっと感嘆。
他にも美味そうな酒が多数置いてある。垂涎。
その横には山梨のワインがたくさん、ホントにたくさん揃えてある。またもや垂涎。
思わず触手を伸ばしそうになるが、先立つものが心細かったのと、
友人の別荘に泊まるのにしこたま酒を用意していたので、酒を買うのは断念。
しかしもの凄く興味深いのでジロジロとなめ回すように眺めていたら
若い店主がいろいろと説明してくれた。
白百合醸造のグラッパも置いてあり、それには本当に惹かれた断腸の思いで断念。

店主は甘酒(酒粕で作ったのでないヤツ)を試飲のご馳走してくれた。
ホントに感じの良い店主だ。

その後興味深い醤油を発見。
syouyu1.jpg
こちらは思わず購入。200mlで525円也。高級。


近くを見たらその醤油を使った煎餅を発見。こちらも購入。10枚入りで368円也。お手頃。
sennbei1.jpg
醤油はまだ味見をしていないが、煎餅は食べた。
煎餅ものすごく美味かった。あたりです。
メーカー直送でお取り寄せも出来るみたいだ。これから我が家の定番の煎餅にしようかな。

まったく偶然で秀逸な酒店を見つけることができた。こういう店を見つけるとホント嬉しくなる。
まあ鰻はまずかったけど井筒屋のおかげかな。。。。

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。