2006 / 04
≪ 2006 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2006 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然ですが小生中途半端な収集癖があります。
また中途半端な凝り性でもあります。

そんなわけで(例によって何が「そんなわけ」かは謎ですが)
書籍とCDが中途半端にたくさんあります。

家をつくる際に、せっかくだから作り付けで収納棚をつくっていただくことにしたのです。
地震の心配もありますからね。作り付けだと倒れてこないし。

で、こんな感じなんです。
20060430153120.jpg
左下の空白部分には私の机がすぽっと収まります。
我がパートナーの建築士さんへのリクエストは「壁一面の書棚」。
文字通り「壁一面」です。下部三段は25㎝、上部五段は20㎝です。

書棚はここだけではなく廊下の壁にも、廊下の吹き抜けとの手摺り部分にも作ってもらいました。

これは手摺り兼書棚の制作途中の写真。
syodana2.jpg
ここのサイズは最下部が35㎝、上部二段が30㎝です。この写真の後ろ側にちょびっと写ってるのがCD棚。
CDtana.jpg


そして廊下の壁に作り付けなのは・・・(建築士さんのHPから拝借です
083.jpg
これです。まさに壁一面ですね。
上部四段が25㎝、35㎝が二段で一番下が45㎝が一段です。

これで全部本が納まると思うのですが、嫁さんは「無理じゃない・・・」と言ってます。そうかなぁ・・・

スポンサーサイト

今日は階段の進捗状況をば。
しかしこれって進捗状況というのだろうか・・・(笑)

ま、いいことにして、階段が設置されてました。だいぶ前ですが。
こんな感じです。
kaidan1.jpg
まだ構造材むき出しですので、全体的な感じはわからないですね。
家ができあがってきますと、手前の柱から左側と
階段の真ん中に位置する柱から奥に向かって壁になるはずですから
こういう構図で階段を眺められるのは今だけでしょうね。

もう少々角度を変えて下手な写真をば。
kaidann2.jpg
この写真に至ってはますます「今だけ」の構図となりますね。

さて、せっかくですので実際に階段をのぼって広さや傾斜、踏みしろなどを体感してきました。
まあ「普通」でした。「まあいたって普通の階段」というのがのぼってみての感想。
もうちょっと横幅を広くすれば良かったかな・・・とも思いましたが、
でもこれが標準の階段なのでOKです。

嫁さんは「ちょっと傾斜が急かな・・」と言ってました。
これについては壁に手すりを付けますので心配はないでしょう。

いろんな感じは、実際に壁に囲まれてみると違った印象になるのでしょうから、
今のところはこんなところかなという感じです。


本日はベランダの途中経過を。
verandatotyuu.jpg
4月22日現在のベランダの様子です。
相変わらず逆光の下手くそな写真ですね~~

まだ柵が出来てないのでアッパッパーなんですけど、
この写真の向きには木の桟が
隣家に面した所と道路に面した所には目隠しの壁ができます。

手前の広い部分の面積はおよそ6畳弱あります
とっても開放的な空間に使えると思います。

天気のいい昼下がりなんかにテーブルとイスを持ち込んで、
ボサノバでもかけて、泡モノなんかを飲みつつ
本でもゆったりと読むような時間ができたら最高ですよね。

開放的なんだけどプライヴァシーに配慮もして、
そして単なる「物干し」空間にしなかったのは
もちろん我がパートナーの建築士Tさんです。

僕は「ベランダが欲しい」とリクエストしただけなのですが
いろんな会話の中から
僕たちのライフスタイルを察知して具現化してくれました。

ありがとうございますね、Tさん!

ただいま新築・リフォーム関係のblogのランキングサイトに参加中です。
人気blogランキングへ

よろしければ激励のクリックを・・・

アクセス解析





撮りためておいた写真を早くアップしなくては
というもは、そもそもこのblogを始めようと思ったきっかけが
「コンピュータトラブルですべての記録がパ~~」という事件。
とうぜん家づくりのそれまでの足跡・記録もまっしろけ・・・
バックアップをとってなかった僕が悪いんですけどね。
そこで自分の不安定なパソコンに記録残しておくよりも
安定したサーバに記録残しておいた方が安全かも?と思いまして
ブログに家づくりの記録をのこすことに。
あくまでも個人的な記録ですので非公開にしようかなとも思ったのですが、
わたくし超三日坊主でして「人に見られた方が一生懸命書くだろう」という事と
ネット上に「建築家とつくった家」の記録が少ない事、僕自身これに困ったし今後の参考にしてもらえれば・・・
ということもあって公開している次第なのです。

長々とした前置きでしたが、本日はセカンドリビングの進捗状況をば。
secondliving1.jpg
こんな感じです。
セカンドリビングはリビングルームから続きの和室。
そこをちょっと異空間にしようと我が建築士さんと話し合いまして、リビングの床面から35㎝あげてあります。
ここに腰掛けてちょうどいい感じ・・・という高さにしていただきました。
床面からあげましたのでその空間を利用して引き出しの収納を付けました。
収納の奥行きは60㎝ですが間口が一間ありますので意外と有効に利用できるんじゃないかな。
これをふたつ、二間分作成してもらいます。

ここセカンドリビングには「掘りごたつ」を設置します。
お客さんが来たときなんかに利用できるかな(たぶん宴会利用が多いような・・・)
畳の空間と言うことで、和の雰囲気たっぷりに全ての窓と、リビングとの仕切には障子を使います。
障子紙は楮の手漉き和紙を利用するつもりです。サンプルを取り寄せましたがとっても素敵な感じです。
お世話になる予定なのは「藤原手漉和紙工房」さん。

南向きの中庭に面した光がたっぷりと入る窓には
「細い繊維の透かし模様が出る生成り色が濃い」紙の「本楮1号」を。
他の障子には「小筋模様の入っていない生成色も強くない」の「本楮15号」を使うつもりでおります。
障子紙は建築士さんが提案してくれたモノを蹴ってしまいました。
ごめんなさいねTさん、ワガママな施主で・・・

さてこの部屋には「仏壇」も置く予定。
仏壇って今いろいろあるんですね。現代風な、その名も「現代仏壇」を置くつもりでおります。

それでは、また。



さっき気づいたのですが
サンワカンパニーさん、楽天にお店出してたのね・・・
ちょっとショックだったりして・・・
と、いうのは「ポイントもらえたかしらん」という
けちな根性出したからです、はい(^_^;

でもショールームで実物を確認して、
担当の大橋さんにしっかりとお世話してもらったから、まあいいわね



通気胴縁です。
tuukidoubuti.jpg

外壁です。ご覧の通りに透湿防水シートの上に貼ってあります。
zerosnow家ではこの外側に「ニチハ モエンサイディング」を貼り
その上にジョリパットを校倉塗りで仕上げる部分と
黒のガルバリウムを貼る部分に仕上げが分かれます。

通気胴縁はこの隙間を湿気が抜けるわけですね。

この内側はプラスターボードがあり、その内側にセルローズファイバーがパンパンに詰まってます。
ちなみにセルローズファイバーの図。
cellulose.jpg
肉厚な手のひらはわたくしzerosnowの手です。
セルローズファイバーは以前
紹介したように「湿度の呼吸」をする断熱材

これで我が家は「内部結露」とは永久におさらばでしょう。
しっかりと設計してくれた建築士さんに大感謝です。


03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。