2006 / 03
≪ 2006 / 02 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2006 / 04 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間ぶりの更新となってしまいました。
ご愛読の皆様(いらっしゃったらですけど・・・)申し訳ございませんm( )m 
この一週間、僕自身の異動の内示やらそれにともなう精神的動揺やら、はたまた連続した飲み会やらでごたごたとしておりまして
更新が出来ずにおりました。ネタはいっぱいあったんですが・・・

さてそんなわけで、建築中の我が家の状況。現在こんな感じです。
main.jpg
昨日無事中間検査も終わったところです。

043.jpg
屋根も葺きあがってます。ガルバニウム立ちハゼ葺きです。

中はこんな感じです。
032.jpg
筋交いや柱でいっぱいです。
以上写真提供は我がパートナーの設計士さん。ありがとうございます。

今日から外壁下地に入るとのことです。どんどんできあがっていきます。すげえなあ~

とりあえず今日はこのくらいで・・・


ただいま新築・リフォーム関係のblogのランキングサイトに参加中です。
人気blogランキングへ

よろしければ激励のクリックを・・・

アクセス解析
スポンサーサイト

先日ようやく((^^ゞ)地盤改良工事のお金を振り込みまして、その工事報告書が我が家に届きました。

地盤工事の内容は「柱状改良」だったんですよね。
そのときの詳細はこちらこちらにあります。
で、そのときの工事報告書なわけです。

まず表紙。
houkokusyo1.jpg
立派な装丁です。
地盤改良工事屋さんから設計士さんに報告が行き、設計士さんが報告書をまとめてくれましたので、
一番下には設計士さんの事務所名が。

中身はというと・・・
houkokusyo3.jpg
記録・施工要領詳細や

houkokusyo21.jpg
「ここにこんな杭を打ったよ」という図や

houkokusyo4.jpg
工事現場写真などしめて11ページ。

このようにしっかりやってくれると、月並みですけどやっぱり安心ですよね。
安心にかかった費用は32万円でした。


今週はお仕事で大変消耗しているです。
酒量が増えそうです・・・って何もなくても飲んじゃうんですけどね。
冗談はさておき、まじめに精神的に消耗している今週。心の安らぎは建築中の家を見に行くこと・・・というわけで昨日時間をやりくりして行ってきました

現zerosnow家と建築現場はほぼ30キロのありますから、わりと大変かもという距離なのです。でも義両親の実家にも最近いろいろと用事がありますし、そのついでもあっての現場見学。

しかしまじめな仕事人(爆)としては日中はなかなか行けません。
昨日も夜でした。

当たり前ですが暗い。足下が悪い。細心の注意を払って侵入しました。

そろそろと歩いて、いいポジションを見つけ写真を撮るべくデジカメの中ファインダーを覗くと真っ暗け。何も見えない!!
しょうがないので手探り状態で撮影してきました。

で、こんな感じです。
kakuzai.jpg
こんな材料が置いてありました。どこに使うのかな?

hukinuke.jpg
吹き抜けになるところを撮ってみました。梁は化粧梁なので養生してくれてますね。
吹き抜けは12畳分あります。ここの居住性能は断熱材のセルローズファイバーの真価が問われるところですね。頼むよ!魔法の断熱材セルローズファイバー君!

構造重視のzerosnowとしては、やはり「金物」は気になるところ。暗い中を目をこらし探し出しました。
kanamono.jpg

kanamono2.jpg

しかし足下も暗いので現場は危険ですね。どこかに蹴躓いて怪我したり、破壊したりすると行けないので、このくらいにして帰宅しました。

今度は明るいうちに行きたいな。だんだん日が長くなってきたからチャンスは来るでしょうね。


唐突ですが本日は西原理恵子画伯の話題を。
これもまた唐突ですが小生、西原理恵子を大贔屓。
贔屓といっても、当たり前の話だが、彼女の作品なのですが。

さていつの頃から読み始めたかは記憶にない。何を最初に読んだかもあんまり記憶にない。もしかして「恨ミシュラン」か?その前に何か読んだ記憶もあるんだが・・・

で、本題。
「はれた日は学校をやすんで」である。
457593366X.01._SCMZZZZZZZ_V67717851_.jpg
僕は個人的に西原理恵子画伯の最高傑作であると思っている。
表題作の「はれた日は学校を休んで」は
春の日の陽炎のようにはかなくやわらかだったあの頃の心の揺らぎを、
とても静かな筆致で描いてある。

収録されている「やまもとくんとまぶだち」「はにゅうの夢」にいたっては叙情の極致である。

それだけでは終わらないのが西原画伯の凄さである。
裏表紙には、本領発揮の破壊的なギャクが掲載されている。
ふと思ったのだがこれは彼女の「照れ隠し」なのだろうか。それとも彼女の「精神のバランス」なのだろうか。

それもこれもひっくるめてやっぱり西原理恵子が好きである。

「はれた日は学校をやすんで」はカバー裏から表紙裏・口絵まで西原ワールドがギュッと詰まっていて充実してますよ!(もう絶版だと思うけど)




上棟時には屋根の下地までいたらなかった我が家。
翌日の10日金曜日は愛知県地方は残念ながら一日雨でした。
ついでながら私も一日中寝込んでました。どうも冬から春というのが僕は鬼門。学生時分から毎年一日は熱を出して寝込んでいます。

さてそんなこんなで11日。現場に行ってみるとこんな感じでした。
jyoutougo5.jpg
見事に屋根がかかろうとしています。いい感じです

遠くから眺めて職人さんの数をカウント。コンビニで買っておいたお茶とお煎餅をもって差し入れに。

「こんちわ~」とこちらから声をかけると屋根の上から「こんちわ」「こんちわ」の声が返ってきます。とってもいい感じの大工さんたちです
現場監督さんも屋根の上にのぼっておりました。わざわざ降りてきてくれたので差し入れ渡して「ご苦労様です」と激励。

その後ジロジロと現場観察。
こんなモノを発見しました。
jyoutougo1.jpg
これがアスファルトルーフィングなんですね。へぇ~と思って触ってみちゃいました。

こんな感じでみんな一生懸命作業をしておりました。
jyoutougo3.jpg

jyoutoug2.jpg


近くに寄って見ちゃいますとこんな感じでした。
jyoutougo4.jpg

うへへへへ・・・と思わずにやにやしちゃいますね

このあと所用に出かけ、7時過ぎに帰宅。実家で30分くらいゆっくりして現場を覗きながら現居住家に帰ろうとしたら・・・
な、なんと!!
暗い中に電気がついてる!
まだ作業をしているではないですか!!
昨日雨だったとはいえスゴい!ご苦労様です。頭が下がります。
これからもよろしくお願いいたします、という思いを夫婦二人で強く感じました。

今度はいつのぞきに行けるかな。楽しみです。


3月9日木曜日、ちなみに大安。とうとう上棟しました。

いやあスゴいですね。みるみる形になっていきますね。感動しました。
joutou1.jpg

9日に上棟してからなんだかいろいろありまして、更新が遅くなってしましました。
このblog、個人的な備忘録・記録でもありますので、忘れないうちにアップしなくては・・・
さて9日という設定は、日柄を選んでのもの。僕自身はあんまり、というか全然日柄にはこだわっていないのですが、
工務店さんは「3月の大安は云々・・・」という感じでして、9日に決定。

平日ということもあってか、時代の流れなのか、はたまた依頼した工務店さんのスタイルなのか
「施主さんは工事の最後に来ていただいて簡単な挨拶をしていただくだけでよろしいので」という事でした。

とっても気になっていた上棟式のおもてなし、というか職人さんへのお礼は
「お赤飯にお酒を付けていただいて、それとご祝儀で」ということでした。
「折り詰めについてはどちらでも・・・」ということを仰ったので、迷いました。
僕自身は折り詰めを食べたいこともあって(笑)付けたかったのですが、
義父は「祝儀は酒肴料ということなんだから折り詰めはいいんじゃないの」とのことでしたので、
義父の意向にしたがって結局付けないことに。超個人的にはちょっと無念。
9日は午後の途中からお休みをいただいて現場に駆けつけると、上掲の写真のような様相。
jyoutou2.jpg
こんなクレーンも来ててえっさほいさと作業を進めておりました。

職人さんたちは総勢8名。
jyoutou3.jpg
こんな感じで大奮闘。

せっかくなのでジロジロと覗いていると、柱の木材には
jyoutou5.jpg
こんな↑ラベルやこんな↓ラベルを発見。
jyoutou6.jpg
我が家の柱は集成材なのです。無垢材よりも狂いが少なく頑丈であるとのこと。

さらには
jyoutou4.jpg
こんなものも。構造材に我が家の名前がはいってるんだぁと感心。名前にはぼかしを入れてありますけどね(笑)。
下の黒いのは基礎パッキン20㎜です。

柱が立ってみると「家がデカい」のにビックリ。
建築士さんは「こんな感じだと思ってましたよ」と仰るのですが、私「エラいモノ建てちゃったなあ・・・」はビビって眺めていました。
嫁さんも「だからデカいって言ったじゃん!!」だって・・・

そのデカさが災いしてか、結局9日中には屋根がかからず。
jyoutou8.jpg
こんな感じになった18時30分頃から上棟式を始めました。

工務店さんの音頭取りで式は始まり、施主挨拶の後、乾杯を。
そして用意した赤飯、お酒、祝儀をお配りして、おそらく一生に一度きりのzerosnow家の上棟式は終了。

そのはせっかくの機会なので現場の中をジロジロと覗いたり、くんくんと木の匂いをかいだり、みんなで記念写真を撮ったり。
やっぱり一大イベントでした。

そしてzerosnow家の面々が現場を去る段になっても、我が建築士さんと現場監督さんは打ち合わせをしておりました。
ありがたいことです!!
これからが本番です。事故の無いように無事に竣工しますよう、そして最後までよろしくお願いいたしますね!





02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。