2006 / 01
≪ 2006 / 01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2006 / 02 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樽の床、採用までに紆余曲折がありました・・・・というのが先日のblog。
「紆余曲折」と書きましたが、外面的には何もなかったのです。
僕の中だけで「紆余曲折」あっただけでして
家づくりのパートナーとして、一緒に歩んでくださっている建築士さんは
そんな迷走気味の僕をしっかりとサポートしてくれました。

「紆余曲折」の中身は元気ビルダーさんもコメントくださったようにコストでした。
なんたって1㎡が16800円~ですからね。
我が家はフローリングが44㎡ほどの設計。計算すると・・・でした。

第1回見積もりがでた時点で、根性なしの僕はすぐにチビってしまい「考え直す」宣言。

嫁さんが「いいの?後悔しない?」とプレッシャーかけてきましたが
「いいの。我慢する。金ないんだから。」と強がりを言い続けるワタクシ。

そんな頃に夫婦で旅行に行ったんですよね。

旅は北海道の小樽へ。バースディ割引を使ってお安くお安く。
で、酒飲みの僕としては当然(笑)小樽のすぐ隣の余市のニッカ工場へ足を運んだのです。

そしたらあるじゃないですか!

樽の床をつくっている「クドウ」の家具の面々が。
もちろん樽材を使ったモノ。
そこで対面するまで忘れてました、樽材はニッカのウィスキー樽だってことを。

実物を見ちゃうと・・・やっぱり いいんですよね

旅先で嫁さんと話し合い、帰宅してすぐに建築士さんに「やっぱ樽の床使います」宣言を。

金は何とかなるでしょ、今も算段を考えている最中ですが

小樽へ行きたいと行ったのはうちの奥さんでした。
旅先で樽家具に出会ったのも何かの縁だったのでしょうね。

そんなわけで我が家は財布の事情もあんまり考えず(こんなことでいいのだろうか?
樽の床を使うことにしたのです。

スポンサーサイト

▼続きを読む▼

01 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。