2006 / 01
≪ 2006 / 01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2006 / 02 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は
どうしてハウスメーカーで家づくりをしなかったのか?
ということについて書いてみようと思います。

偉そうな書き出しですが、実はあまり深い理由はないんです(汗)

住宅展示場を見学してみて、
どの家も「帯に短したすきに長し」と感じたことは確かです。
あまりピンとくる家が無かったことは正直な話です。

そうしてるうちに「頭でっかち」になっていき、
自分の希望する素材・材料をつかって家を建てるには
ハウスメーカーじゃダメだと思い至ったことが最大の原因なのかなあ・・・

それとコストの問題です。
僕の浅はかな阿呆頭で考えたことなのですが
同じ金額を使うなら
地元工務店か建築士に頼んだ方がいい家ができそうだ!と思い至ったのです。

コストについて、何でそんな風に思ったかというと・・・


さてその理由です

だって
営業の方の給料やモデルハウスのコスト、
都会にある本社ビルの経費やそこの方々の給料、
ゴールデンタイムのCMのコスト等々・・・は全部「家代」に含まれている
んですよね。

いくら坪単価が安くたって、
その中の「何割」かは「東京本社維持経費」とかに当てられるわけです。

だったら・・・と僕は考えちゃいました。
その結果、建築士さんに頼むことにしました。

昨年11月にある輸入建築資材屋サンのメルマガ

「以前大手ハウスメーカーに資材を納めていた。
 メーカーの商品部長は口を開けばコストダウンの話ばかりで
 『○○ハウスの原価率は当社よりも数パーセント低いようだ。
 当社のコスト率はこのままでは45%を突破してしまう。
 なんとか納入業者さんの協力を仰ぎたい』等のお願いや協賛で疲れ取引は止めた。」

なんてことが書いてました。

45%・・・2000万で900万円です・・・

コスト率に大工手間や建て方の費用などが含まれているかどうか不明ですが、
それにしても・・・という数字です。入っていたらもっと壮絶ですよね
スポンサーサイト

01 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。