2006 / 01
≪ 2005 / 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2006 / 02 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築士さんに出会うまでシリーズもとうとうこれが最終回。
いかなる形で出会うのか・・・

今日は長くなりそうなので鯨飲馬食のお話はなしということで・・・


前回のお話は
施主と建築士の広場での僕の依頼に
な、なんと12件ものエントリーがあった!どっひゃ~~

というとこまででした。

それからが大変でした。

だって一人に決めるということは
他の11人を落とさなきゃならないんです
当たり前のことですが・・・
これがとっても苦しかったんです。

2005年4月26日に
施主と建築士の広場の主催者に経過報告という形で
そんな気持ちがいっぱい詰まったメールを出してます。

「12社もの事務所様から資料をいただきました。
 本当にありがたいことです。
 しかし一つに選ぶということがなんと困難なことか!!
 ただいま「選定」という作業に直面し、
 その作業の難しさに頭を抱えながらも、
 新居を造るという楽しみに向かって歩んでおります。
 「選択する」ということは
 他の可能性を能動的に切り捨てるということ。
 なかなか大変な作業です。
 
 現在は応募いただいた事務所様の地理的な条件
(こちらから将来的にも気軽に打ち合わせに行ける場所かどうか)、  
メールでやりとりした際の印象、
 そして、もちろん
 ご提出いただいた資料からうけた印象などをもとに選択した、
 4~5社の事務所の方にお話を伺おうと予定を立て、
 それを実行している最中です。

 お話を伺えば簡単に選べるかな・・・と思っていたのですが
 それもある意味難しいですね(笑)

 でもよい選択をするためにがんばろうと思っています。
 実際お話を伺うことによって
 勉強になることもたくさんありますし。
 
 それではまた決
 定いたしましたらメールさせていただきます。」


これが正直な気持ちでしたね。
資料を頂いてからこの日までに
「資料を見ただけで即アウトにした」二人の方を除いて
(除いた方は地理的にあまりにも遠かった一人と プロフィール写真に「タバコをくわえたカッコつけ写真」を掲載していた方でした・・・)
メールでいろいろと考え方などを伺ってみたり、
ちょっと気になっていた「エアサーキット」についてどう考えるか聞いてみたりしました。

その際のやりとりの印象や考え方・スタンス、資料での印象などから
メールにも書いてあったように数件のかたに絞り込んで直接会いに行くことにしました。

これもメールにあるのですが、
直接会って話を聞けば即座に選べるものと思っていた僕は
浅はかでした。最大の困難に直面するのです。

絞り込んだだけあって、
家づくりの価値観が僕に近いものがありました。
しかもみんな好印象の人ばかりでした!!

「これじゃ選べないよ~~」
嫁さんと顔をつきあわせてまじめに悩みました。

簡単な図面をお願いしてそれで選定・・・とも考えましたが
そんなことをしたらますます「断るのがつらくなる」と思い断念。

いろいろと思いめぐらし、嫁さんと話し合って決めたのが
現在の建築士さん。

決め手はいろいろとありましたが
やっぱり
家づくりの価値観・考え方がもっとも僕に近かったし、なんだかフィーリングが合いそうだった

ということにつきる思います。
人柄はもちろんOK。共に家づくりのパートナーとして信頼できると確信が持てました。

建築士さんと契約したのが6月4日。
出会ってから一ヶ月ほどが過ぎた春うららかな頃でした。
スポンサーサイト

現在、建築士さんとお家を建築計画中のぜろすのうです。
まだ「計画中」なんですよね、28日に契約ですから。
今からとっても楽しみです。

計画中の我が家の基本的な仕様は
・外壁はジョリパッドと黒ガルバ
・内装は薩摩中霧島壁ライトとルナファーザー
・床材はバレルオークの床とコルクタイル
・浴室は在来で床にコルクタイルと壁・天井ははヒバの板張り
・断熱材にセルローズファイバー

あとは天井にシナ合板使ったり杉板使ったり。

こんなもんですかね。
いちおう家を建てることを決意したときは
「自然素材の家を建てるぞ!」なんて意気込んでいたんですが
これだけ見るとなんだかわかんないですね(苦笑)
今回のblogを書き出す前は「ちょっと自慢しちゃおう!」なんてイヤらしいことを思っていたのですが、書いてみるとこれだけかよって感じですね。トホホ。

う~~ん・・・建ってみないと何ともいえないってことなのかなあ。
でも、それぞれの使用素材には一応それなりのこだわりがありましたんで、
それについては追々書いていくことにしますね。

家づくりのパートナーとなる
現在の建築士さんとの出会い譚はまた明日


12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。