2006 / 01
≪ 2006 / 01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2006 / 02 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログ、お酒音楽(クラシック中心かな)やら読書記録なども
一応のところフォローすることになっているのですが、
またそのうちに書こうと思います。

さて昨日の続きです。

近々住処を失う我が家庭。
さてどうしたものかと思案に暮れているところへ嫁さんが一言。

「あそこに家建てる?」


うちの嫁さんの実家には将来娘が家を建てることができるようにと
40年前に購入していた土地があったのです。

ちなみにうちの嫁さんは二人姉妹の下の子。
姉ちゃんはとっとと家を出て嫁に行ってしまったので
必然的にうちの嫁さんが両親の面倒をみることに。

僕もそれについては全く支障がなかったので、
「まぁいずれは一緒に住むんだろうな」とボワンと考えてましたが
でも想像してたのは文字通りの「同居」で
件の土地は不幸があったときには姉ちゃんに分けるんだろうなんて思っていたのです。

そんな中での嫁さんの一言。まさに青天の霹靂でした。

官舎廃止の話は嫁さんから義母へと伝わっていて、
嫁さんはおっかさんから
「とっとと家を建てなさい!」としきりに言われていた様子。
そんなことがあって嫁さんの発言となったようです。

実はそれからいろいろあったのですが(同居の件とかですね)
結論としてはその土地、
40年前に娘のために購入してあった義理の両親の土地に
家を建てることを決意したのが2005年の2月でした。


スポンサーサイト

▼続きを読む▼

01 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。