2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田樹氏の記事をそのまま引用させていただきます。
出典元リンク先はこちらhttp://blog.tatsuru.com

2014.07.05
『憲法の空語を充たすために』まえがき

『憲法の空語を充たすために』というリーフレットを来月出版する(かもがわ出版)。その「まえがき」をさきほど送稿したので、どういう本かご理解いただくためにここに採録。

みなさん、こんにちは。内田樹です。
このリーフレットは2014年5月3日の憲法記念日に神戸市で行われた兵庫県憲法会議主催の集会で行った講演に加筆したものです。
 この講演のあと、予想通り、安倍晋三政権は7月1日の閣議決定によって歴代政権が維持してきた「集団的自衛権は行使しない」という方針を転換し、海外派兵への道を開きました。日本の平和主義を放棄するという歴史的決断を首相個人の私的諮問機関からの答申を受けて、自公両党の与党協議による調停だけで下したのです。
国のかたちの根幹にかかわる政策の変更に立法府がまったく関与していない、つまり国民の意思が徴されないという異常な事態にもかかわらず、国民の側からはつよい拒否反応は見られません。讀賣新聞やNHKは内閣の方針に賛意をあきらかにしており、民主制を否定するような手続き上の重大な瑕疵についても強い抗議の声は聞こえてきません。
もちろん市民の側からは反対の意思表示がなされていますが、大手メディアの支援を受けた内閣が支持率40%台を維持している以上、市民の議会外からの批判が内閣の方針を動かすことは期待できないというのが現状です。
日本の民主制がこれほど脆弱であったこと、憲法がこれほど軽んじられていることに多くの人は驚倒しています。なぜ、日本の民主制はこれほど脆いのか、なぜ戦後70年にわたった日本の平和と繁栄を下支えしてきた憲法を人々はこれほど侮り、憎むのか。
私は護憲の立場にあるものとして、日本の民主制と憲法の本質的脆弱性について深く考えるべきときが来ていると考えています。私たちの国の民主制と平和憲法はこれほどまでに弱いものであった。わずか二回の選挙で連立与党が立法府の機能を事実上停止させ、行政府が決定した事項を「諮問」するだけの装置に変えてしまった。
立法府が機能不全に陥り、行政府が立法府の機能を代行する状態のことを「独裁」と言います。日本はいま民主制から独裁制に移行しつつある。有権者はそれをぼんやり見ている。ぼんやり見ているどころか、それを「好ましいことだ」と思っている人間が国民の半数近くに上っている。
独裁によって受益する見込みがある人たち(与党政治家、官僚、財界人)がこれを歓迎することは理解できます。でも、独裁によって受益する可能性がまったく見込めない有権者たちがそれでもなお独裁を歓迎するのはどのような根拠によるのか。ワイマール共和国の末期、ヒトラーへの全権委任についての国民投票では89.9%が賛成票を投じました。第三共和政の末期、フランスの国民議会議員の85%はペタン元帥への全権委任に賛成票を投じました。なぜ、ドイツやフランスの市民たちは自国を近い将来破滅に導く指導者にこれほどの権限を気前よく委譲したのか。これは久しく「歴史の問題」でした。歴史の専門家が考えればいいことであって、一般市民とはかかわりのないこと、遠いよその国でおきた「不可解な事件」でした。でも、今は違います。このまま進めば、いずれどこかの国の歴史の教科書に「このとき日本の有権者は国民の基本的人権を制約し、70年守ってきた平和主義を放棄しようとする政治勢力の独裁をなすところもなく傍観し、それどころか半数近くの国民はそれを歓迎したのである」と書かれることになるかもしれない。
でも、そのような切迫した危機感が日本国民にはまだ見ることができません。たぶんあまりにも長きにわたって平和と繁栄に慣れ切ってしまったためでしょう。「たいしたことは起こるはずがない」と高をくくっているのです。どうしてこれほど危機感が希薄なのか。それは国民のほとんどが「株式会社のサラリーマン」のものの見方を深く内面化してしまったせいだと私は思っています。なぜサラリーマンは独裁に違和感を持たないのか。その問いの答えは、株式会社の従業員たちが日頃慣れ親しみ、ついに骨の髄までしみ込んだ「有限責任」感覚のうちに求めることができるのではないか、というのが私のここでの仮説です。こんな奇妙な仮説を立てて現在の日本の政治過程を論じる人が他にいるかどうか、私は知りません。たぶんいないと思います。ですから、お読みになって「こんな話は聴いたことがない」と思われる読者が多いと思います。それでも、この仮説に基づいて現代の政治と経済のありようを見たときに、「腑に落ちる」点がきっといくつかあると思います。このリーフレットが憲法の問題、民主制の問題を根本的に考え直すひとつのきっかけになれば幸いです。
最後になりましたが、講演の機会を与えてくださった兵庫県憲法会議のみなさんと、このようなかたちで公刊する機会を提供してくださったかもがわ出版にお礼を申し上げます。
スポンサーサイト

本日は、まさに備忘録的極私記述。

従姉妹の挙式&披露宴にお招きを受けたので、先週末東京へ出かける。
日本橋人形町の「シティペンション ゼム」に宿を取り二泊。
「シティペンション ゼム」は秀逸なる宿でした。
東京あんまり行かないけど、いった際には定宿にしようと決意。

小生の従姉妹の御伴侶はT大法学部卒のお方でした。
披露宴には、とうぜん新夫君の友人が大勢いらっしゃるわけで
「大学の同級生」ってのは皆「T大法学部」なわけね・・・なんて思いながら従姉妹を祝福。
新夫君はT大卒だけではなくMITに留学までしてらっしゃって、その時代の友人も御参列。
小生の人生の中でこんなに学力偏差値が高い宴会は空前絶後だろうなあ、なんて思いながら披露宴のフレンチをいただきました。フレンチはうまかったです。


披露宴翌日は東京マラソンを見物し、蓮玉庵と並木藪をはしごして帰宅の途につきました。
蓮玉庵も並木藪ももちろん秀逸。

最近世情に疎い小生は、2月26日が東京マラソンとは知らず、25日に宿の方から「明日はマラソンですので交通が不便ですよ」ばなんて教えていただき初めて知った次第。ホントは東京ぶらぶらとほっつくつもりだったのですが、まあ一度くらいはマラソン見物もいいかとということで初マラソン見物をいたしました。

まあ、そんな土日。

忘れちゃイカンでね、こんな日もあったということを。


シャイーのベートーヴェン全集、ゲヴァントハウスのやつね、を聴いたら良かった。
ビックリするほど良かった。
昨日はこれ聴きながら自宅で持ち帰り仕事。仕事はかどる。

本日はマーキュリー盤のエネスコ:ルーマニアンラプソディ第1番、リストのハンガリアンラプソディ1~6を聴きながら自宅で持ち帰り仕事。これの不思議とはかどる。
昔々のドラティ・LSO盤。いやあ色気あるよな、この頃のオケは。なんて思っても仕事はかどる。

ゲヴァントハウスには往年の渋い色気はないか。
でも、かつてそんな気配が存在したが感じられて、それが乾ききってない演奏の「隠し味」かも。

我が名フィル(まるで根拠のない「我が」ですが)もそんな「オケの色気」をまとって欲しいものである。

昨日名フィル定期に行きました。
4月からは皆勤・・・かな?一度だけ行けなかったかな?どうだったっけ・・・・

なんだか良く思い出せないほどに毎日慌ただしく過ぎ去っております。

昨日・今日は二週間ぶりの休日かな。
最近20日間休日無しというのが平気になっていて少々怖かったりもします。


今回は名フィル聴取録にはほど遠いですが、せっかく時間ができたので簡単なメモ程度に感想を記します。

ブラームスのVnコンチェルト。
会場はブラヴォーの嵐でしたので、良かったのでしょう。
ですが、私にとっては×でした。
ソロイストの演奏がまるでダメでした。すいません状態でした。

それとコンチェルト、小生の通路を挟んで右手後方に座っていらっしゃった男性が
最初から最後まで大鼾をおかきになっていて何だかなあ、
なんてずっと思っていたのもダメだった遠因かもしれません。
あの男性、2階14列目の37か38くらいかなあ。初犯じゃないからなあ、彼。

閑話休題。

謝肉祭とタラス・ブーリバ、良かったです。

パイプオルガンの重低音の倍音にボルショス氏のクラリネットはぴったりとはまっていて凄いなあ、
なんてどーでもいいことなんかを思いながら聞いておりました、タラスブーリバ。
マエストロ小泉は暗譜で振ってるし。凄いなあ。小泉氏はやっぱり卒が無い。
そんな土曜の一時でした。

次はマエストロ円光寺ですね。・・・・・鬼門だなあ。。。。。。(笑)


昨晩、というかニュース調に書くと本日未明になるか。
僕にとってとっても甘酸っぱい、愛おしくなるような夢を見てしまった。
人生ではじめて付き合った(ホントは付き合ったといえないのだが)女の子の夢を見てしまった。
もちろん、寝たときに見る「夢」である。



夢のことを書く前に、その前講釈。

僕は中学2年の11月にむつ市から豊田市へ転校した。
僕は小6くらいからずっと気になる女の子がいたんだが、チキンな僕はその彼女に何も言えずにいた。
まあ小学生だからね。

その彼女と中1に同じクラスになり、あるとき同じ班になり、
班って言葉が懐かしいな、
席が僕と前後になったときは嬉しかったなあ。楽しかった。

そんなこともあって僕の中で彼女は「気になるになる存在」から「好き」だという存在になる。
たぶん彼女も同じ思いだなということも確信できた。
でも僕はチキンなのでまるで言い出せず行動できず。
2年になって彼女とは別々のクラスになり、
そうこうしているうちにお袋が死に僕は転校することになった。

彼女と僕の共通の友人が、お別れ会という名目で僕を呼び出し
グズグズしている僕に、彼女に何も言わないで転校することは罪だとしかり飛ばし
僕の目の前で彼女に電話をして僕に無理矢理告白をさせた。



どーでもいいことだが、このへんのグズグズ具合は今も変わらんな、俺。
人間はそー変化しない、ということだな。


その後一度だけ学校帰りに二人で話をし、僕はその次の日に愛知へ向かった。


中学生にとって愛知と下北半島はあまりにも遠く
僕にとって彼女とのつながりは「文通」だけとなった。


「文通」だもんなあ。もう死語だ。昭和53年だもんな。


無精な僕は、だんだん手紙を出すペースが落ちていき、その後僕から音信不通にしてしまった。
「木綿のハンカチーフ」じゃないけど、新しい環境に染まってそっちの方が楽しくなっちゃったんだろうな。
今思うと後悔しきり。



ただそれだけのおつきあいだった。その後一度も彼女と会っていない。


4年前に同窓会があり、彼女はそれには出席してなかったのだが、
くだんの共通の友人がまたまた電話をしてくれて言葉を交わすことができた。
その後何度かメールのやりとりもした。



その彼女の夢を見た。
なんでかなあ。
転勤が決まりいろいろと不安だらけで、彼女のことは「かけら」も頭の中になかったのになあ。

あらすじはこんなふう・・・・とここまで書いたが、内容を書くのは、やっぱり、やめる。
ここまで書いたら、自分のことながら、なんだか、とても切なくなっちゃった。
切なくて今は書けないや。

とりあえず僕の中にとっとくことにする・・・・
でもな、どこかに書き残しておかないと忘れちゃうんだよなあ・・・

とりあえず彼女にメールしてみようかな。当たり障りのない内容を・・・(^_^;





07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールなどはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。